ここから本文です

Uber Eatsに「鬼か」と批判 台風前日のこのタイミングで30%OFFキャンペーン開始 → 公式「12日はサービス休止」

10/11(金) 16:19配信

ねとらぼ

 フードデリバリーサービス「Uber Eats」が、台風上陸が予想されている中で割引キャンペーンを展開すると発表し、批判を呼んでいます。運営元に今後の対応を聞きました。

【画像で見る】キャンペーン内容

 キャンペーンは10月11日から対象メニューが30%オフになるというもの(期間は10月31日まで)。キャンペーン開始直後の週末に台風の接近・上陸が予想されていることから、暴風雨の中でのデリバリーが事故につながる危険性があると指摘する声が上がり、「鬼か」「ドライバーの命を守る気が無い」など批判が寄せられています。

 Uber Japanの広報担当に、台風の中でもキャンペーンを実施するのか問い合わせたところ「台風などの悪天候の場合は営業停止となる可能性がある」との回答。本日(10月11日)中にアプリなどを通じて対応を発表するとしています。

 2018年9月の台風21号の際には、ピザの配達バイクが暴風にあおられ、道路で身動きが取れなくなっている動画がTwitterに投稿され、「なぜこんな台風の日に配達させるのか」と批判が集まりました。2019年の台風19号に際しては、佐川急便が一部地域で集荷や配達を中止することを予告するなどしています。

17時15分追記

 Uber Japanは、配達パートナーの安全を考慮して10月12日は東京、神奈川などで全日サービスを休止すると発表しました。

ねとらぼ

最終更新:10/11(金) 20:42
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事