ここから本文です

巨人・陽岱鋼「初球から積極的に」バックスクリーンへ1号ソロ

10/11(金) 20:36配信

デイリースポーツ

 「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 巨人の陽岱鋼外野手がCS1号本塁打を放った。

 1-3で迎えた五回1死。島本の真ん中直球を捉えた打球はバックスクリーンへ飛び込んだ。

 「初球から積極的にいこうと思っていました。最高の結果になってよかったです」と振り返った。

最終更新:10/11(金) 20:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事