ここから本文です

2000万円の謎のお金に、バラの花束の男性…知ってしまった母の秘密

10/11(金) 12:00配信

婦人公論.jp

母親とはいえ、ひとりの「人間」。隠しごとのひとつやふたつはあるものです。けれど娘としては、なんだか複雑な気持ちになってしまうのも事実のようで……(構成=中岡ひろみ)

* * * * * * *

◆そのお金はどこから来たの?

実家でひとり、年金暮らしをしていた母の口癖は「お金がない」。そのくせ、電気やガスは使い放題、「えっ」と思うほど高い家電を買ったり、5万、10万円単位で寄付をしたり。兄や私は母の暮らしを助けたい気持ちはありましたが、浪費されないようにお金よりモノで支援していました。

ところが、84歳で母が亡くなったときに通帳が30冊も出てきたのです。隣県の信用金庫や東京の銀行のものまであり、一切記帳なし。些少な金額だろうと調べてみたら、なんと合計2000万円!

早くに亡くなった父は自営業だったから退職金はないし、母が実家の財産を継いだとも聞いていません。株の才能があったわけでもなく、パトロンや恋人がいたとも思えず、どう考えてもお金の出所が謎。

母に一体どんな秘密があったのか、私があの世に行ったときに聞いてみたいです。(57歳・パート)

◆冷凍エビの天罰か

私が高校生の頃、母は近所の水産加工会社でエビの殻むきパートをしていました。母はよく仕事帰りにエビを持ち帰ってくるので、家の冷凍庫には、いつもブラックタイガーの一級品が板状になって何列もぎっしり詰まっていたのです。

母の作る料理も、エビたっぷりのチャーハン、エビと野菜の炒めもの、エビチリソースなどエビ料理のオンパレードで、カレーまでエビ入りでした……。友人の家に遊びに行くときに冷凍のエビの板を手土産に持って行くと、相手のお母さんにどれだけ喜ばれたことか。

今思い返すと、あの頻度と量からして母はエビを黙って持ってきていたのではないかと疑ってしまいます。でも、業務上横領だとしても、もう時効でしょうか。しかしその天罰か、エビばかり食べさせられた私はすっかりエビ嫌いに。精神的な飽和レベルというのがあるようです。(42歳・会社員)

1/3ページ

最終更新:10/11(金) 12:00
婦人公論.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事