ここから本文です

非常に強い台風19号 県内も強風域に入る見込み

10/11(金) 13:21配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 大型で非常に強い台風19号は日本の南の海上を北上していて、県内も一部が11日風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。
 
 台風19号は非常に強い勢力を保ったまま東日本にかなり接近、または上陸するおそれがあります。台風が予報円の中心を進んだ場合、種子島・屋久島地方、大隅地方が11日夕方、薩摩地方が11日夜初めごろに風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。沿岸の海域では大しけとなる見込みで、予想される波の高さは種子島・屋久島地方、大隅地方、奄美地方北部、十島村で6メートルとなっています。気象台はうねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけています。
 
 交通にも影響が出ています。海の便では11日「フェリー屋久島2」、鹿児島と種子島を結ぶ「プリンセスわかさ」、奄美航路の「クイーンコーラル8」の上り便などが欠航となっています。「フェリーさんふらわあ」や「フェリー太陽」は12日の欠航を決めています。空の便では12日、全日空が羽田空港と成田空港を発着する国内線全便の欠航を決めているほか、日本航空も多くの便で12日の欠航を決めています。

最終更新:10/11(金) 13:21
KKB鹿児島放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事