ここから本文です

「ゆめ花マルシェwam」開幕 山口市

10/11(金) 14:44配信

宇部日報

日本一の竹コースター、コンサートなど多彩に

 山口ゆめ花博での成果を継承、発展させようと「ゆめ花マルシェwam」が11日、山口市阿知須のきらら博記念公園で開幕した。「人と自然とコト-アソビ・ツナガル公園」をコンセプトに、多彩なアクティビティーやワークショップ、コンサートなどが行われている。14日まで。


 花博に携わった事業所や団体で構成する同公園活性化協議会(山本貴士会長)が、公園の新たな利活用意識の高揚、花と緑に関する知識の普及などを目的に開催。「日本一長い竹のコースター」など、随所に花博を思い出させるイベントを盛り込んだ。
 会場には海の遊び、山の遊び、庭の大学、マーケット、音楽広場、グルメの6ゾーンを設置。各ゾーンでは体験型のイベントを主体とし、多彩なワークショップや日替わりのライブなども展開する。
 平日のため、子どもたちの姿は見られなかったが、花博でも人気を集めた竹のコースターは開幕直後からフル稼働。来場者は園路に並ぶハンドメードやワークショップのテントに立ち寄り、庭の大学ゾーンでは花の苗を買い求めていた。
 宇部市東岐波前田の福永節子さん(81)は近所の友人と3人で来場。花博では乗れなかった竹のコースターを初めて体験し、「思ったよりも速くて驚いた。ガタガタと揺れる感じを楽しめた」と喜んでいた。

最終更新:10/11(金) 14:44
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事