ここから本文です

節約しすぎて失敗した…「安く買えたけど後悔した育児グッズ」をママ達に聞きました

10/11(金) 21:40配信

kufura

子どもが産まれてあれこれと買っていくと思いのほか出費がかさむ育児グッズ。でも、「よし、節約しよう!」と思って安いものを買ってみて後悔した……という経験を持っているママもいるのではないでしょうか。

そこで『kufura』では20~50代の子どものいるママ達に「節約して安く買えたけど後悔した育児グッズ」を聞いてみることに。376人の回答を見ていきましょう。(※写真は全てイメージです)

子どもの寝床のために買ったけど…「ベビーベッド&布団」

1日のうちの大半を寝て過ごす赤ちゃん。特に産まれたばかりのねんねの頃は、起きている時間の方が少ないかもしれませんね。そこで居場所を快適にしてあげたいと買ったはずの寝床、居場所グッズですが、意外な回答が帰ってきました。

「ベビー布団。小さなうちだけで、使わなくなった」(40歳/主婦)

「ベビーベッド。すぐ使わなくなるだろうと、リサイクルで買ったら立て付けが悪く危険なので使用しなかった」(43歳/主婦)

「ベビーベッドを知り合いから超安価で買った」(33歳/学生・フリーター)

「ベビーベッド。セールで安かったけど使う期間が短くて物置きになってしまった」(40歳/主婦)

「ベットガード。材料を買って作ろうと思ったけど結局作らず」(31歳/総務・人事・事務)

すぐに使わなくなるという予想から、安く買ったり、譲ってもらったりすることが多いベビーベッドですが、使い勝手が悪いと敬遠しがちになり、使う頻度が少なくなってしまったという声が続出しました。場所を取る大きいものなので、不要になると、たちまち”いらぬ存在感”を発揮してしまい、余計に失敗したと感じるのかもしれませんね。

移動時に必要だと思ったけど、ちょっと後悔した「ベビーカー」「抱っこ&おんぶ紐」「チャイルドシート」

「ベビーカー。安定感が悪く買い直した」(33歳/学生・フリーター)

「もらいもののベビーカー。古すぎて使えなかった」(28歳/公務員)

「中古で買ったベビーカー、軽すぎるのとガタガタ安定感に欠けていた」(32歳/主婦)

「リサイクルショップで買ったバギー。見た目は綺麗だったけど使ってみるとかなりガタがきていたので長持ちしなかった」(44歳/その他)

「安く買ったベビーカー。少し激しい道を進んだら壊れて買い換えた」(31歳/主婦)

「ベビーカー 。軽いコンパクトなものを購入したが買い物の荷物があまり乗らないし、子どもを降ろすとベビーカーが転倒したことがある」(56歳/その他)

「ベビーカーをレンタルで借りていたが買った方が安くついて後悔した」(43歳/その他)

安全に子ども移動をさせるための手段でもあるベビーカーなのに、中古やもらいものを使ってみたら、残念ながら安全性に欠けていたという意見が多く出ました。

ベビーカーは比較的長く使うグッズでもあり、壊れてしまうと処分をするのにも費用がかかり、二度手間になってしまうので、どのくらいの頻度や期間使いたいのかを考慮してから準備した方がいいかもしれませんね。

「安い抱っこ紐。肩が痛くて使えなかった」(40歳/主婦)

「簡単に脱着できる抱っこ紐。すぐに壊れた」(41歳/主婦)

「おんぶ紐、安い物を買うと肩に食い込んだりして1~2回使って使わなくなった」(43歳/金融関係)

「おんぶ紐。安かったから買ったけど、使いづらくて買いなおした」(43歳/主婦)

子どもの重さを直接感じる抱っこ紐やおんぶ紐は、できれば自分の体に負担のないタイプを選びたいですよね。また、初めは使い勝手が良くても、子どもの成長とともに合わなくなってくるということもあります。育児は体力勝負というところもありますので、ママの体力や健康を奪ってしまうようなものは避けておきましょう。

1/4ページ

最終更新:10/11(金) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事