ここから本文です

“九州No.1”のレモンサワー「檸檬堂」全国発売、日本コカ・コーラ初のアルコール飲料

10/11(金) 15:47配信

食品産業新聞社ニュースWEB

日本コカ・コーラは10月28日から、レモンサワー「檸檬堂」4商品を全国で発売、29日からは 俳優の阿部寛さんを起用したTV-CM「全国開店」篇(15秒)を全国で放映開始する。

「檸檬堂」は昨年5月28日に同社初のアルコール飲料として九州限定発売したもので、日本各地の酒場で提供されるおいしいレモンサワーのこだわりに学び、焼酎を美味しく飲む方法として知られる「前割り焼酎」にヒントを得て、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン」を使用。酒場で人気の味を、アルコール度数や果汁率の異なる4種類のレモンサワーをラインアップした(鬼レモン=果汁17%・アルコール9%、塩レモン=果汁7%・アルコール7%、定番レモン=果汁10%・アルコール5%、はちみつレモン=果汁7%、アルコール3%)。中でも「定番レモン」は、「九州のレモン缶チューハイ市場でナンバーワンになるところまで支持が広がっている」(日本コカ・コーラ 和佐高志チーフ・マーケティング・オフィサー)という。

11日に開催した記者会見で、和佐CMOは、「(九州では)非常に高く評価していただいており、ほかの地域の方からも“早く飲みたい”という声を頂いている」などと語った。SNSでは、“九州出張に行ったとき飲んでみたがおいしかった”、“早く全国発売ならないかな”などといった声が出ていたという。

プロモーションでは、CMを大々的に展開するほか、11日~12日の2日間限定で、“レモンサワーの聖地”とされる東京・恵比寿に「檸檬堂」をおつまみと共に無料で提供する店舗をオープン。また、“食べログ”とタイアップして「檸檬堂」の“店舗ページ”を期間限定で開設し、さらに、10月11日から12月27日まで、5エリア19店舗(10月11日時点)の飲食店で、メニューの一部として同商品のこだわりのおいしさを楽しめる企画も実施する。「SNSでの展開も含め秋冬で最大規模のキャンペーンを展開し、ブランドの早期確立を目指す」(和佐CMO)。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 15:59
食品産業新聞社ニュースWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ