ここから本文です

女の子のトイレトレーニングをうまくやる方法

10/11(金) 12:20配信

ベネッセ 教育情報サイト

女の子のトイレトレーニングのコツ

女の子のトイレトレーニングを成功させるための、コツやアイディアを紹介します。

可愛いグッズを使って盛り上げよう
トイレトレーニングは小さな成功の積み重ねです。「たくさんほめてあげる」「ごほうびにキラキラシールを貼る」「花柄やフリルの可愛いお姉ちゃんパンツを選ぶ」など、女の子のテンションがぐっと上がる工夫をして、楽しくトイレトレーニングを進めていきましょう。

憧れのお姉さんやお友だちをモデルにしよう
女の子は、まわりのお友だちやお姉さんのことをよく観察しています。自分でトイレに行けるお姉さんやお友だちと、一緒にトイレに行ってもらうのがおすすめです。女の子は「私もできるようになりたい!」と憧れの気持ちをもつことで、トイレトレーニングが一気に進むことも多いのです。

女の子のトイレトレーニングのお悩み解決アドバイス

女の子のトイレトレーニングのよくあるお悩みにお答えします!

Q. 拭き方を教えるためのアドバイスをください
A. 女の子の場合、「おしっこは前から、うんちは後ろから拭く」のが基本です。ただし、小さなお子さんの場合は手が短く、うんちを拭くとき後ろから手が届かない場合があります。その場合は、おうちのかたが拭いてあげてください。

女の子の場合、うんちを前から拭くと、尿道に便が付いてしまい、「尿路感染症」を起こしてしまうことがあります。必ず「お尻側から手を回して拭く」ことと、拭く方向は「前から後ろに向かって拭く(膣方向に手を動かさない)」ことを教えてあげてください。とても大切なことなので、おうちのかたみんなで把握しておくようにしましょう。

おしっこを拭くときは、「ゴシゴシ」ではなくて、「ポンポン」と押さえるようにして拭きます。「トイレットペーパーを出して切る、折りたたむ、拭く、水を流す」という一連の動作を自分でできるように、毎回ゆっくり練習していきましょう。

【おすすめグッズ】
絵本『おんなのこトイレ』(監修: 江東区南砂さくら保育園)
女の子向けのトイレトレーニングの絵本で、トイレットペーパーの使い方や拭き方が紹介されています。

Q. おしっこが便座やおまるから飛び散ってしまい、掃除が大変です
A. 女の子のトイレトレーニングのお悩みで多いのが、おしっこが飛び散ってしまうことです。「足を開いておしっこする」「補助便座の縁にあたって、飛び散る」ことなどが原因と考えられます。

対策としては
1.おしっこをするとき、上半身を少し前傾させる(補助便座から落ちない程度に)
2.便座に貼るタイプのおしっこの吸収パッドがあるので、それを利用する
などを試してみてください。いずれ補助便座なしでおしっこするようになると、足を大きく開かなくていいので、おしっこが飛び散ることはなくなります。

4/5ページ

最終更新:10/11(金) 12:20
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事