ここから本文です

海外メディアは台風によるラグビーW杯試合中止を猛烈批判!「恥ずべき決断」「対応策を練る時間はあったはず」

10/11(金) 8:00配信

THE PAGE

 ラグビーW杯の組織委員会と国際統括団体のワールドラグビーが10日、都内で会見を開き、12日に上陸の可能性が高い大型台風19号の影響を考え12日に行われるイングランド対フランス、ニュージーランド対イタリアの2試合の中止を決定した。観客の安全を第一に考えての処置で、試合は規定により引き分けとなりニュージーランドは決勝トーナメント進出が決定、イタリアは予選プールでの敗退が決まった。またイングランドとフランスはすでに決勝T進出が決まっている。また注目の13日に横浜で行われる日本対スコットランドについては、当日の朝に可否が決定される方向だ。
 過去にW杯で一度もなかった前代未聞の台風による試合中止を海外メディアはどう捉えたのか。

 英国のスカイスポーツは「ラグビーW杯の予選プール試合中止の意味は?」との見出しを取り、「超大型台風ハギビス(19号)によって試合を中止するという大会初の事態が決まり混沌に襲われた」と伝えた。

 記事は、プールCのイングランド対フランス、プールBのニュージーランド対イタリアの2試合が中止になったことに触れ、「プールCの試合中止はすでに準々決勝進出を決めている両チームにとって差はないが、フランスはプール首位に立つチャンスを失うことになる。プールBでは、イタリアがニュージーランドを破るという万が一の事態が起こるようには見えなかったが、この結果はイタリアにとって不公平だ。特にレオナルド・ギラルディーニ、セルジョ・パリッセといった屈強な選手たちがW杯とイタリア代表に別れを告げることになるのだから」と問題提起した。

 日本が13日に対戦するスコットランドのスコッツマン紙は「ラグビーW杯の高潔さは恥ずべき決断によって傷つけられた」との見出しを取り今回の決定を批判した。

「ここから何が起ころうと、日本対スコットランド戦が行われようと中止されようと関係なく、このラグビーW杯の誠実さと信用性は深刻なまでに傷つけられた。大会組織がイングランド対フランスとニュージーランド対イタリアを中止にした決断が、その理由だ」と厳しい論調で書いた。

 記事は「安全が第一。これは議論の余地はない」と、大型台風が甚大な被害をもたらす可能性があることから当日の試合中止の決定に理解を示した。
 その上で、「日本は決して小さな国ではなく、こういう状況に慣れていないということでもない。台風が急に来たわけでも日本がわずか数週間前にW杯を開催する権利を得たわけでもない。言い換えれば、大会組織は、我々が今直面する万が一の事態を予測できたのに、その場合の対応計画を作り上げていなかったのだ。彼らにはその策を練るだけの時間が数年もあった。台風の予想進路から外れた他の都市もある。カレンダーには、予選プールの最終戦の舞台として利用できる日もある。そのほかの調整も可能であっただけでなく強く望まれたことだった」と批判した。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 9:37
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事