ここから本文です

東京五輪聖火リレー 聖火ランナーに44人選考/富山

10/11(金) 21:05配信

チューリップテレビ

 東京オリンピックの聖火リレーで県内を走る160人のうち44人が選ばれました。
 世界的に活躍する若手有望選手など10代から70代がランナーに選ばれたということです。

 県の聖火リレー実行委員会が開かれ、県内で走る聖火ランナー160人のうち県の実行委員会が募集していた一般枠と県や市町村による推薦枠のあわせて44人の選考が行われました。
 一般枠には1194人の応募があったということです。
 選考ではスポーツや文化面での活躍や地域への貢献度などが考慮され、世界的に活躍する若手有望選手など10代から70代までの男女44人が選ばれたということです。
 44人のリストは、JOC・日本オリンピック組織委員会に提出され来年1月中に県内での聖火ランナーが正式決定する予定です。

 「富山県としての基本の方向は固まった。海外の多くのお客さんに来ていただいて大いに盛り上がりたい日本・富山の良さをアピールしたい」(石井知事)

チューリップテレビ

最終更新:10/11(金) 21:05
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事