ここから本文です

indigo la End川谷絵音 ゲスの極み乙女。スタート時の“位置づけ”とは…?

10/11(金) 19:10配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。10月8日(火)の放送は、バンド・indigo la End、ゲスの極み乙女。などで活動している川谷絵音さんがゲストで登場しました。

【写真を見る】パーソナリティのマンボウやしろ(写真右)

◆indigo la Endはゲスの極み乙女。より“先輩”

やしろ:今4つ(indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、ichikoro)バンドやってるってことですか?

川谷:そうですね。メンバーにいるのが4つって感じですね。

やしろ:ichikoroは?

川谷:インストバンドです。

やしろ:で、ギター? で参加してるんだ。別に自分が作曲でメインで入ってるとかそういうことでもない。

川谷:いや、メインです。

やしろ:ジェニーハイも曲作ってる?

川谷:ジェニーハイも全部作ってます。

やしろ:ゲスも作ってるでしょ?

川谷:はい。

やしろ:インディゴも作ってるんでしょ?

川谷:はい。インディゴとゲスに関しては、作って歌ってます。

やしろ:何でそんなにやってんの?

川谷:indigo la Endは、もう恋愛の曲みたいな歌もの。ゲスの極み乙女。は、語りとかラップとか入ってて。ちょっと世間に対しての毒を吐くみたいな感じで、インディゴで出来ないことを、ストレス発散でやっていたっていう分け方です。

やしろ:え、インディゴが1番最初?

川谷:インディゴ、来年で10年になるんで。

やしろ:失礼。俺、ゲスが先で、その後インディゴなのかと思ってた。

川谷:indigo la Endが初めて組んだバンドなんです、僕。ゲスが7年です。

やしろ:ゲスが後輩?

川谷:はい。3年違います。

やしろ:そうなんだ。じゃあ言ったら1番長く活動してるほうのリリース(10月9日にindigo la Endのフルアルバム『濡れゆく私小説』が発売)で来てくれてるわけね。

川谷:そういうことですね、はい。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 19:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事