ここから本文です

台風19号 静岡県~関東に上陸へ 狩野川台風に匹敵する災害に警戒

10/11(金) 11:01配信

ウェザーニュース

 大型で非常に強い勢力の台風19号(ハギビス)は11日(金)9時現在、小笠原諸島・父島の西の海上を時速25kmで北北西に進んでいます。

 ▼台風19号 10月11日(金)9時
 存在地域   父島の西約410km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北北西 25 km/h
 中心気圧   925 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

静岡県から関東地方に上陸か

 このあと勢力をあまり落とさずに日本列島へ近づき、予報円の中心を通った場合、明日12日(土)夜には、静岡県や東京都心を含む関東地方へかなり接近または上陸する見込みです。

 前回、関東地方に上陸した台風15号と似たようなコースですが、大型なだけに影響は広範囲に及びます。暴風や大雨、高潮、高波、すべてに警戒が必要で、暴風が吹き荒れている間は外に出るのは非常に危険です。

局地的には60m/sの暴風 被害が広範囲に及ぶおそれ

 東京都心など関東地方では、日が沈んだ後の暗い時間帯が台風の最接近で、猛烈な雨と風に襲われる見込みです。

 現時点で、暴風警戒域の広さは関東地方をすっぽり覆うほどで、暴風が吹き荒れるエリアが広く、被害の規模は前回の千葉県を襲った台風15号に匹敵するかそれ以上になるおそれがあります。

 家の屋根が飛び、鉄塔や電柱がなぎ倒され、大規模な停電が発生するおそれもあり、影響が長期化するなど、甚大な被害を招きかねない台風です。

 飛ばされやすいものは屋内へ片づけることはもちろん、窓ガラスにテープを張るなどの補強、懐中電灯や備蓄バッテリーの準備など、停電への備え・対策も行ってください。

関東の山沿いは最大500mm超の記録的な大雨に

 紀伊半島から関東の沿岸には今夜遅くには台風の外側の発達した雨雲がかかり始め、三連休初日の明日12日(土)には東海から関東付近に台風本体の雨雲が迫ってきます。

 湿った南東~東風が入る続けることで、関東の西部を中心に総雨量が非常に多くなり、500mmを超えるところがあります。東京都心や千葉県でも総雨量が200mmを超える大雨となるおそれがあり、河川氾濫や増水、道路冠水、土砂災害の発生に警戒が必要です。

 就寝時は山や崖の近く、または、窓から離れた場所、2階などより上層階でお休みになるなどの対策や、明日12日(土)は暗くなる前に早めの避難するなどを心がけてください。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 11:23
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事