ここから本文です

大型で非常に強い台風19号 直径650kmの巨大な暴風域を伴い接近中

10/11(金) 21:09配信

ウェザーニュース

 10月11日(金)18時現在、台風19号(ハギビス)は大型で非常に強い勢力を保って日本の南を進んでいます。風速25m/s以上の暴風域は直径が650kmと巨大で、関東から近畿までをすっぽりと覆うほどの大きさです。

 台風19号は12日(土)夕方から夜にかけて関東や東海に上陸する予想で、記録的な暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

▼台風19号 10月11日(金)18時
 存在地域   八丈島の南南西約490km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北北西 25 km/h
 中心気圧   925 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

大型台風 広範囲で猛烈な暴風に警戒

 千葉などに猛烈な暴風被害をもたらした台風15号は非常にコンパクトで、上陸時の暴風域の直径は160kmでした。

 一方、今回の台風19号の暴風域の直径は650kmなので、直径は4倍以上、面積は16倍以上となります。このため、暴風に警戒が必要な範囲が15号と比べて非常に広いことが特徴です。

 西日本から北日本の広範囲で暴風が予想され、特に台風の進路の東側にあたる関東地方などで、最大瞬間風速50m/sを超えるような猛烈な風が吹くおそれがあります。

 屋外の物を可能な限り屋内に入れ、雨戸を閉める、窓ガラスを補強する、停電に備えて懐中電灯や備蓄バッテリーを準備するなどの対策をとってください。

特別警報級の大雨にも警戒

 関東西部や東海、甲信、東北地方などで特に大雨に警戒が必要で、多いところでは24時間に800mm近い雨が降り、記録的な大雨となるおそれがあります。

 西日本と比べて大雨の経験が少ない地域と重なるため、これまでに経験したことのないような災害が発生するおそれがあります。土砂災害や河川の氾濫、床下浸水、床上浸水等が広範囲で発生するおそれがあります。危険な状況になる前に躊躇なく避難をすることが重要です。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 21:16
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事