ここから本文です

クルトワ、虚偽の不安発作報道に不快感! 「本当に苦しんでいる人たちへの敬意を欠いている」

10/11(金) 16:30配信

超WORLDサッカー!

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが自身のコンディションに関するここ最近の報道に対して不快感を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。

今月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のクラブ・ブルージュ戦に先発したクルトワは、2失点を許し前半終了後に交代。この交代理由に関して一部メディアは、不安発作が原因ではないかとの報道を行っていた。

しかし、同4日にマドリーは「脱水症状を伴う急性胃腸炎と電解質平衡異常の診断を受けたため、ブルージュ戦でプレーを続けられなかった」との診断結果を公表すると共に、「我々の選手は不安発作と診断された事実はなく、この情報は完全な偽りである」との声明を発表。一部メディアの憶測報道を完全否定していた。

10日に行われたユーロ2020予選・グループI第7節、サンマリノ代表戦にベルギー代表の守護神としてフル出場し、9-0の大勝に貢献したクルトワは同試合後、初めて公の場で一連の報道に関して言及。「本当に苦しんでいる人たち」のためにもこういった虚偽報道を行わないよう強く求めた。

「嘘や見当違いなことを報道しないため、メディアにもより責任を持ってほしい。こういった問題(不安発作)で本当に苦しんでいる人たちがいるんだ」

「選手や本当に苦しんでいる人たちに対してあまりに敬意を欠いたことだと思うし、もっと責任と敬意を抱いてほしいと思う」

また、サンマリノ戦で実戦復帰を果たしたクルトワは、改めてマドリーでの活躍を誓っている。

「僕は幸せで、一生懸命トレーニングに励んでいる。そして、サンティアゴ・ベルナベウに集まる人たちのために喜びを与えたいと思っているよ」

「確かに彼らは厳しい批評家たちでもある。それはみんなが理解している。だからこそ、チームとしてすべてを尽くし、その厳しい人たちから拍手や称賛を浴びたいと思っているんだ」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/11(金) 16:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ