ここから本文です

茨城国体でグランツーリスモ使ったeスポーツ選手権が初開催。白熱の決勝に「ワールドツアー以上」と山内氏

10/11(金) 20:40配信

オートスポーツweb

 9月28日から10月8日まで、茨城県で開催された第74回国民体育大会『いきいき茨城ゆめ国体』。今大会では、国体の文化プログラムとして初めてeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ:ゲームを使用した対戦競技)大会『全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI』も実施された。このなかでグランツーリスモSPORT部門の決勝大会が10月5~6日、つくば市で行われ、少年の部で愛知県の水野航希選手が、一般の部では栃木チームの山中智瑛選手と高橋拓也選手が勝利を収めた。

【写真】山内一典氏と、表彰式に登場した各部門上位選手たち

 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKIは、3つのeスポーツタイトルがかけられた大会で、プレイステーション4用ソフト、グランツーリスモSPORTが使用された同部門では5日に予選、6日に決勝が行われた。出場選手数は決勝大会の開催に先駆け、5月11日から8月12日まで実施されていた都道府県代表決定戦を通じて選出された、少年の部92名、一般の部96名の計188名だ。

 全国の猛者たちが集まった決勝大会の舞台、つくば市のつくば国際会議場には、世界各地で開催されているFIAグランツーリスモチャンピオンシップと同様のハンドルコントローラーとRECAROシートが設置され、当日はレースアナウンサーの辻野ヒロシ氏が実況を、グランツーリスモシリーズで挙動開発などをしているポリフォニー・デジタルのYAM氏が解説を担当した。

 大会2日目の決勝日は少年の部から始まり、初代王者を決める決勝レースは富士スピードウェイを舞台に5周のスプリント形式で争われた。マシンは予選を勝ち抜いたプレイヤーが全員、ランボルギーニ・ウラカンGT3を選択。マシンの差ではなく、自らの腕前で勝敗が決まるレースとなった。

 そんなレースは前日の予選レースで勝利し、決勝前のタイムトライアルでポールポジションを獲得した神奈川県の尾形莉欧選手が逃げるかと思われた。しかし、2番グリッドからスタートした愛知県の水野選手が1周目の1コーナーでインから尾形選手をかわして首位に立つ。その後、尾形選手はコースアウトでのペナルティも受けてしまい優勝争いから脱落してしまう。

 一方、オープニングラップでトップに浮上した水野選手はそのまま順位を譲らずトップでフィニッシュ。2位には福岡県代表の龍翔太郎選手、3位には東京都の佐々木唯人選手が入った。優勝した水野選手は表彰式で「これから全国大会などの大きな大会に出てがんばりたい」と今後の活躍を期待させるコメントを残している。

■一般の部ではワールドツアーの熱戦に匹敵するバトルが展開

 続いて行われた一般の部決勝。18歳以上を対象としたこの部門では、各都道府県代表選手2名がチームを組み、鈴鹿サーキットでの10周のレースに臨んだ。なお、今レースにはふたりのドライバーで10ラップをする間に、各チームは最低1度のピットインを行いタイヤ交換と給油、ドライバー交代を行わなくてはならないルールが義務付けられた。

 決勝レース序盤はポールポジションを獲得した神奈川県チーム(冨林勇佑選手・森本健太選手)を先頭に、兵庫県チーム(宮園拓真選手・佐藤真太朗選手)、愛知県チーム(川上奏選手・長和樹選手)、栃木県チーム(山中選手・高橋選手)の4台が数珠つなぎとなる展開に。

 しかし2周目のシケインで神奈川県チームがまさかのコースアウト。兵庫県、栃木県、愛知県の3チームはその隙にポジションを上げていく。さらにレース後半には上位陣と異なるタイヤ戦略をとった大阪府チーム(今村駿佑選手・小山天太選手)も4番手に浮上してくる。

 レース後半の7周目、首位を争う4チームが接近しテール・トゥ・ノーズに。ここで首位を走る兵庫県チームがスプーンコーナーでわずかにアウトに膨らんでしまう。栃木県チームはその隙を見逃さずにインに飛び込み、トップの座を奪う。その間に愛知県、大阪府チームも兵庫県チームをオーバーテイク。この一瞬の出来事で兵庫県チームはトップから4番手にまで順位を落としてしまった。

 その後は、後続とのギャップを広げる快走をみせた栃木県チームがトップフィニッシュ。2位に愛知県チーム、3位には大阪府チームが入る結果となった。

 優勝した栃木県チームの山中選手は「国体は今年絶対に勝ちたかった大会でした。今までで一番うれしいかもしれません」とコメント。チームメイトでプロゲーマーとしても活動している高橋選手も「この大会での優勝を目標に今年は頑張ってきました。すごくうれしいです」と笑顔を見せた。

 また、レース後の表彰式では、グランツーリスモシリーズのプロデューサーである山内一典氏が登壇し「少年の部は、とても少年とは思えないようなハイレベルなレースが展開されて感激しました。一般の部もワールドツアー以上に白熱していたんじゃないかという熱戦を見せてもらえました。優勝チームのみなさん、本当におめでとうございます」と国体eスポーツ大会の初代王者3名を祝福をした。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/11(金) 20:45
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事