ここから本文です

SBK:カワサキにアレックス・ロウズが移籍。2020年は5連覇達成したレイの僚友に

10/11(金) 22:30配信

オートスポーツweb

 カワサキは10月11日、スーパーバイク世界選手権(SBK)に出場しているカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKに、2020年からアレックス・ロウズが加入すると発表した。

【写真】アレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・オフィシャル・ワールドSBKチーム)

 イギリス人のロウズは、2013年ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)でホンダのマシンを駆りチャンピオンを獲得したライダーだ。

 SBKには、2011年にSBKデビューを果たし2014年からフル参戦を開始。2016年からはパタ・ヤマハ・オフィシャル・ワールドSBKチームに移籍し、2019年シーズンでヤマハYZF-R1を駆り4シーズン目を迎えた。今季は、第11戦フランスラウンド終了時点で7度表彰台にのぼり、ランキング3位につけている。

 そんなロウズが、2019年限りでヤマハから離脱すること、レオン・ハスラムがカワサキを去ることは既に明かされていた。そして今回、ロウズが2020年からカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKに移籍することが発表された。

 来シーズンはSBK5連覇の記録を打ちたてたジョナサン・レイのチームメイトになり、カワサキZX-10RRでSBKに参戦する。

 チームマネージャーを務めるギム・ロダは、「KRTは、ペースが速くて優れた経験を持つ27歳のライダーを歓迎する。私たちの目標は、ロウズを『磨き』、タイトル候補者にすることだ」とコメント。

「そして、彼には長いキャリアがある。彼はここ数年いいスキルを見せ、可能性がそこにはある。私たちは、彼がベストを発揮できるように手助けするため、KRTですべての手段を使う」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/11(金) 22:30
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事