ここから本文です

巨人牽引する亀井は「12球団で一番イヤな1番打者」 阪神は逆転へ鳥谷起用も手か

10/11(金) 7:05配信

Full-Count

2連勝であっという間に3勝0敗「巨人が阪神をガッチリ受け止めて跳ね返している」

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは10日、第2戦が行われ、巨人が阪神に6-0で完勝。アドバンテージを含めて3勝0敗と早くも日本シリーズ進出に王手をかけた。ペナントレース3位の阪神は、激戦となったCSファーストステージで2位DeNAとの激戦を制してファイナルステージに駒を進めてきたが、このまま勝負は決まってしまうのだろうか。

【動画】巨人の主砲は高校時代から打球の飛距離はすごかった 岡本和真の母校・智弁学園に存在する“岡本ネット”の正体とは?

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「巨人がガッチリ受け止めて跳ね返している。巨人が強い」と、王者の戦いに改めて脱帽。なかでも、1番に座る亀井善行外野手の存在が大きいと絶賛した。

 初戦に続いて、阪神を圧倒した巨人。その戦いぶりについて、野口氏は「巨人が阪神をガッチリ受け止めて跳ね返している。巨人が強い。先発ピッチャーも危なげないし、この2試合はスキがない」と舌を巻く。亀井と坂本勇がダブルスチールを決めた5回の場面を例に挙げ、巨人が今年のセ・リーグをどのようにして制覇したのかが、この2試合で再確認できたと話す。

「巨人は今年1年間、きちっとした野球をやって勝ち上がってきたのだなというのが、この2試合で改めて分かりました。くだらないミスもそんなにないですし、相手のスキを突いて『いつでも行ってやるぞ』という姿勢は伺えます。例えば、5回に亀井と坂本勇がダブルスチールを決めて、そのあとに犠飛で点を取れたら、普通はその後に坂本勇は動けません。スチールなんて、できないと思います。

 でも、坂本勇はあの場面で『スキあらば』と狙っていました。フェイクかもしれませんが『スキを見せたら行きますよ』という感じでタイミングを取っているように見えました。そういう、ちょっとしたところが非常に大きな差になっています。『また来るぞ』となったら、相手バッテリーは窮屈なピッチングをしなければいけないことにもなりますし、またいつ何をやられるか分からないとなると、窮屈な野球をやっていくしかなくなってしまう。原監督がしっかりとそういう教育を選手にしているのだろうなと感じますね」

 選手1人1人が意識を高く持ち、試合に臨んでいる巨人。それを浸透させているのが今季から復帰した原監督だという。このCSでも、短期決戦を戦いながら戦力を整えていくしたたかさも見せている。

「選手もそうですが、特に原監督がスキを見せてくれません。この試合では投手陣も整備してしまいました。第1戦ではデラロサが危なくて9回途中に代わりましたが、今日は変化球が引っかかって曲がりすぎて福留に死球を与えてしまったものの、あとは危なげありませんでした。デラロサもしっかり立ち直らせてしまった。クローザーが1枚いなくなるのはチームとして非常に大きいことですが、そういうチャンスを得てしっかり立ち直らせてしまったわけなので。さすが原監督だなと感じました」

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 7:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事