ここから本文です

ベンゲル氏が断言「アザールはC・ロナウドの代役になれない」

10/11(金) 10:30配信

ゲキサカ

 元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏が、今夏レアル・マドリーに加入したベルギー代表MFエデン・アザール(28)について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。

 以前から「僕のアイドル」と語り、ジネディーヌ・ジダン監督への憧れを公言していたアザール。念願叶って、ジダン監督が率いるレアルへの移籍を果たしたが、怪我で出遅れ、ここまで公式戦6試合1ゴール1アシストにとどまっている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが抜けた穴を埋める活躍が求められているアザールだが、ベンゲル氏は「彼は年間50得点を取るタイプではない。プレースタイルが違う。C・ロナウドの代わりにならない」と断言。アザールの役割に疑問を投げかけた。

「アザールは並外れた選手だ。チャンスを生み出してくれるし、大舞台でゴールを決めてくれることもある。彼は誰のことも恐れていない。まだレアルは本当のアザールを目撃していない。彼のキレは戻っていない。だからこそ、私は信じている。レアルが本当のアザールをこれから目撃することを」

 アザールの実力を認め、今後の活躍に期待を寄せるベンゲル氏。レアルに対して「もう一人得点源が必要だ。ベンゼマは現在31歳だ。もっと若いゴールスコアラーが出てくれば、チームは非常に良い方向へ向かうだろう」と提案した。

最終更新:10/11(金) 10:30
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事