ここから本文です

左SB、CBでも力発揮の米子北DF岡田大和。目標は無失点と「自分は元FWなので点を獲りたい」

10/11(金) 19:30配信

ゲキサカ

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。大分内定CB高橋祐翔擁する米子北高は、10月14日の鳥取県予選初戦で倉吉総産高対米子松蔭高戦の勝者と対戦。10連覇を懸けた戦いをスタートさせる。

 昨年、主力FWだったDF岡田大和(3年)は今年から左SBに挑戦し、新ポジションで攻撃力を発揮している。インターハイは高橋が負傷欠場したこともあり、CBとしてプレー。ほとんど経験の無いCBでも全国の強力FWを封じ込んでいた。左SB、CBとしてもチームの勝利に貢献することができる岡田が、インターハイの感想や選手権予選への意気込みを語った。

―夏が終わって今の状態は?
「夏終わって、夏前と夏の後だと個人としても、チームとしても成長したという実感があります」

―それぞれ、どのようなところが成長できた?
「チームとしては夏前までは蹴って走ることが結構多かったんですけれども、この夏を挟んでサイド攻撃や、FWが収めてからという単調じゃない攻撃が結構できるようになってきているかなと思っています。個人としては、大学の練習会とかインターハイとかも行ったりして、精度が凄く大事だなと思って、この夏はその精度などを意識してやっていたので、そういう部分ではこの夏は結構成長できたのかなと思っています」

―インターハイはベスト16。自分のプレーについては?
「CBをしたんですけれども、CBはほとんどしたことがなくて不安だったんですけれども、自分は身体能力とかに結構自信があって、そういう部分では全国でも通用するという自信にもなったし、全国的に見ても自分の能力は全然劣っていないなと思いました」

―選手としての幅が広がる大会に。
「SBだけやれていても物足りないと思うので、色々なポジションができて、その結果、SBに活きていければ良いと思っています」

―もう1ランク上の選手になっていくためにはどういうところを求めていきたい?
「やっぱり一つ一つのプレーの精度を上げることと、自分が味方にどうして欲しいとか、自分が何をしたいのかという表現力がこれから先、必要になってくると思います」

―この後、選手権予選が始まる。
「プリンスリーグは今、1位なんですけれども、一つ負けたら終わりという危機感を持ちながら、一つ一つ確実に勝っていきたいですし、選手権も自分たちにとって最後の選手権なので、まず県予選を必ず勝って、インターハイが悔しい結果に終わってしまったので、全国大会でもっと上を目指して頑張りたいと思います」

―練習でチームとしての弱さを言われていたが?
「良い時は良くて、悪い時は凄く悪いので、波ができないように、自分を含め、田中(秀磨)とか原田(海)でしっかりと声を掛け合って、良い時は凄く良いのでその時の雰囲気を大事にしてやっていけたら良いと思います」

―選手権ではどのようなプレーをしたい?
「SBで出たとしても、CBで出たとしても自分は元FWなので点を獲りたいと思っていますし、それだけにならずに自分は守備の選手なので、まずはゴールを守ることを第一に考えて、そこから自分の得意なプレーが出せればと思います」

最終更新:10/11(金) 19:30
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事