ここから本文です

プレーの詳細説明でも飽きさせない 『アプローチで寄せたのはどのくらい?』に対する答えが秀逸【今週のシブコ節】

10/12(土) 10:30配信

ゴルフ情報ALBA.Net

何気ない会話や質問に対する回答がウィットに富んでいて、会見を開けば日本のみならず海外記者をも爆笑させた“渋野節”。全英から帰国してからも、毎日のように新たなシブコ語録を生み出している。「スタンレーレディス」でもその“切れ味”が衰えることはない。

シブコとボミのほのぼのラウンド【写真】

細かいヤードやバーディパットの距離など、プレーの詳細を選手に確認することが多いゴルフの取材現場。『あのホールの2打目は何番アイアン?』や『バーディパットの距離は?』などの質問が飛ぶことも少なくない。

そんな答えが決まっている質問にもウィットに富んだ返しをするのがシブコ流。初日の8番ホールで3打目を打ったときのバンカーのライについて聞かれると、「ライはめっちゃ良かった。誰も入れていないんでしょうね(笑)」と追加の一言で笑いをさらう。

圧巻は18番(パー5)のアプローチの距離。ティショットを左に曲げると、フェアウェイに出そうとした2打目もラフへ。何とか3打目を残り33ヤードのフェアウェイに持って行った。そこから本人いわく「ガッツパー」を獲ったアプローチをどのくらいに寄せたかを聞かれると…。

「私の足よりちょっとでかい!(笑)」

記者会見場が笑いに包まれたのは言うまでもない。ちなみに渋野の足は26.5cmと女性としては大きいことも追記しておく。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/12(土) 10:30
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事