ここから本文です

張本智和、世界選手権銅メダリストに挑む<卓球・ドイツオープン 5日目見どころ>

10/12(土) 13:04配信

Rallys

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

【画像】伊藤美誠、石川佳純を破った相手と激突

10月12日、大会4日目を迎えたドイツオープンは、男女シングルス2回戦、男女ダブルス・混合ダブルス準決勝までが行われた。

男子は張本智和が8強入り

男子シングルスでは張本智和(木下グループ)がブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)を破って、8月のブルガリアオープン以来となる、ワールドツアー8強入りを果たした。

一方、水谷隼(木下グループ)は地元ドイツのティモ・ボルとフルゲームデュースまでもつれこむ大接戦を演じたが、最後は壮絶なラリーを制したボルに軍配が上がった。

丹羽孝希(スヴェンソン)は鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)と対戦。先に3セットを取って勝利に王手をかけたものの、6,7ゲーム目を取られて、ゲームカウント3-4で惜しくも敗退となった。

女子は伊藤美誠が2大会連続の8強入り

女子では、石川佳純(全農)がヤン・シャオシン(モナコ)に敗れる波乱が起こったほか、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、佐藤瞳(ミキハウス)が2回戦で敗退となった。

一方で、伊藤美誠(スターツ)が銭天一(チェンティエンイー・中国)を破って、8強入りを果たした。伊藤は表ソフトラバーの変化をつけたボールを駆使して相手に主導権を渡さず勝利。スウェーデンオープンファイナリストの力を見せつけた。

女子ダブルスでは、木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)が中国の陳夢(チェンムン)/顧玉婷(グーユーティン)ペアをフルゲームで破り、優勝に王手をかけた。

大会5日目の10月12日は、男女シングルス準々決勝、男女ダブルス・混合ダブルスの決勝が行われる。

男子試合 組み合わせと見どころ

<男子シングルス準々決勝>

許昕(中国) - 閻安(中国)
鄭栄植(韓国) - パトリック・フランチスカ(ドイツ)
張本智和 - 梁靖崑(中国)
ティモ・ボル(ドイツ) - 樊振東(中国)

男子シングルスでは、張本が梁靖崑(リャンジンクン・中国)と対戦する。梁靖崑は、4月の世界選手権ベスト4、中国オープン準優勝と、結果を残し、世界ランキングは現在8位。中国選手の中でも両ハンドドライブの威力が随一の梁靖崑相手に、張本はどのような試合を見せるのか注目だ。

中国の閻安(ヤンアン)は、予選を勝ち上がり、1回戦で黃鎮廷(ウォンチュンティン・チャイニーズタイペイ)、2回戦でウーゴ・カルデラノ(ブラジル)といった実力者を倒して、ここまで進んできた。まさに今大会のダークホースだ。準々決勝の相手である許昕(シュシン・中国)は世界ランキング1位の実力者。勢いだけで勝てるほど甘くはない相手だ。この中国ベテラン対決は、どちらに軍配が上がるのか。

また水谷隼を破ったボルは樊振東(ファンジェンドン・中国)と対戦する。樊振東に対して4戦全敗のボルだが、地元の応援の力を活かして初勝利なるか注目だ。

<男子ダブルス決勝>
ベネディクト・デューダ/邱党(ドイツ)ー梁靖崑/許昕(中国)

男子ダブルスの決勝は、地元ドイツのデューダ/邱党(チュウダン)ペアが、準決勝で中国勢対決を制した梁靖崑(リャンジンクン)/許昕ペアを迎えうつ。許昕は先日のスウェーデンオープン男子ダブルスで優勝している。はたして、ワールドツアー2連勝となるのか。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 14:46
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事