ここから本文です

新幹線や首都圏在来線で計画運休 交通ストップ、生活に影響

10/12(土) 8:53配信

共同通信

 台風19号が接近した12日、首都圏を中心に各地で交通機関がストップし、市民生活に大きな影響が出た。鉄道は計画運休が相次ぎ、東海道新幹線の東京―名古屋間は始発から終日運休。首都圏のJR在来線やJR東日本が運行する東北、上越などの各新幹線も午後にかけて順次運転を取りやめた。

 空の便でも羽田空港を発着する国内線がほぼ欠航。羽田は12日午後2時以降、国内、国際線ともに旅客機の運用をやめ、着陸を認めない。成田空港も午前11時以降、運用を停止した。13日の計画運休が決まった路線や列車もあり、混乱は長時間にわたりそうだ。

最終更新:10/12(土) 13:36
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事