ここから本文です

高速道路の橋脚に乗用車が衝突 運転の男性が死亡…シートベルト非着用 高松市

10/12(土) 21:06配信

KSB瀬戸内海放送

 11日夜、高松市で乗用車が高速道路の橋脚に衝突し、運転していた男性が死亡しました。

 11日午後10時ごろ、高松市前田東町の国道で乗用車が中央分離帯にある高速道路の橋脚に衝突しました。
 この事故で、乗用車を運転していた大阪市の会社員、大崎晃一さん(51)が腹などを強く打ち、約1時間後に死亡しました。

 警察によると、事故当時、大崎さんはシートベルトをしていませんでした。

最終更新:10/12(土) 21:06
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事