ここから本文です

【バレー】石川祐希「次のイラン戦も勝ちにいく」、小野寺太志「今日はたくさん決めてやろうと思っていた」W杯2019男子エジプト戦談話

10/12(土) 0:04配信

バレーボールマガジン

 ワールドカップ2019男子大会エジプト戦に3-2で勝利した日本チームの石川祐希、小野寺太志の談話。

石川祐希

――よく勝ちましたね。

石川:ありがとうございます。

――藤井(直伸)選手のブロック、素晴らしかったですね。

石川:はい、あのブロックに助けられました。

――本当に厳しい戦いでしたが、勝ち切れた要因は?

石川:最後まで我慢強く粘れたことが勝ち切れた要因だと思いますし、1セット目はいい形でリードしましたが、 2セット目に相手を乗せてしまったので、こういう展開になってしまいました。

――昨日のロシア戦、今日のエジプト戦と、日本代表は接戦に強くなりましたね。

石川:本当にこういうところで勝ち切れる強さがついてきたので、残りの試合も勝ち切りたいと思います。

――そして、今日は記録的勝利になりました。ワールドカップで日本男子チームが4連勝するのは、1995年以来24年ぶりの快進撃。石川さんが生まれる前の出来事ですが、これについてはいかがでしょう?

石川:本当にこういう記録を出せたことは嬉しいのですが、まだ試合は続くので、次のイラン戦、勝ちたいと思います。

――応援の力をぜひ勝利につなげてください。

石川:ありがとうございます。

小野寺太志

――やりました! どんな気分ですか?

小野寺:ありがとうございます。最高です!

――皆さんに一言。

小野寺:応援ありがとうございました!

――やりましたね、今日は。

小野寺: 苦しい試合でしたが、たくさんの応援が力になったので、勝ち切ることができました。

――セッター・関田(誠大)選手のトスワークもよかったと思うのですが、今日はミドルからの攻撃、よく決まりましたね。

小野寺:本当に昨日はあまり決められなかったので、今日はたくさん決めてやろうと思っていました。

――広島の6つの戦いのうち、最初の3つを絶対にとりたいんだと話していました。その目標を果たしました。次なる目標は?

小野寺:もちろんメダル獲得です。

――地元・広島の皆さんに最後に一言、意気込みをお願いします。

小野寺:メダルを獲得するためにまだまだ厳しい戦いが続きますが、皆さんの熱い応援で僕たちはもっと頑張るので応援よろしくお願いします!

最終更新:10/12(土) 11:16
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事