ここから本文です

食べログアワード常連店シェフが手がけるパティスリーが北参道に待望の誕生!

10/12(土) 11:03配信

食べログマガジン

予約してでも行きたい! 北参道にオープンした新星パティスリーが作り出す“おかし”とは?

「The Tabelog Award 2019」でGoldを受賞するなど、連日予約の絶えない圧倒的人気を誇るフレンチレストラン「ボニュ」。そんな同店でグルマンたちを唸らせてきた名パティシエが、東京・北参道に「おかしやうっちー」なるパティスリーをオープンしたという噂を耳にし、即予約! 高まる期待を胸に、意気揚々と店へ向かった。

場所は、副都心線・北参道駅から徒歩4分、JR総武線・千駄ケ谷駅から徒歩7分ほど。メインの通りからひとつ脇道に入った通りにある建物の1階、ガラス張りの入り口が新星パティスリーの目印だ。

ドアを開けると早速、可愛らしさ満点のお菓子たちが出迎えてくれた。この日のラインアップは、フランス産クリームチーズと水のみで作った「水のレアチーズ」480円、新潟の素王卵と牛乳と砂糖だけで作った「プリン」400円など。いずれも、お手頃なものが多く、様々なスイーツとの出合いを気軽に楽しめる。

店の奥には、カウンター席が4つある。おかしの製造はシェフ一人で行っているため、予約は1日に1~5組限定。また、予約すれば、テイクアウト用のおかし含め、作りたてのケーキを店内で味わうこともできる。

席に着くと、キッチンに面した小窓から、オーナーシェフの内山裕介さんが直接ケーキをサーブしてくれる。「Toshi Yoroizuka」をはじめ、フランス・パリ、リヨンなどの洋菓子店から、和菓子の「一幸庵」まで、様々なジャンルの製菓経験を持つ内山シェフの「洋菓子、和菓子などのジャンルにとらわれず、ここにしかない“おかし”を作っていきたい」という思いが込められたおかしの中から、今回は2つのケーキをいただくことに。

まずは、スペシャリテの「みるく3号」2700円。内山シェフの作るショートケーキは、前述の「ボニュ」でも不動の人気を誇るスイーツのひとつで、これを目当てに同店を目指すという人も少なくないはず。そのショートケーキの「おかしやうっちー」バージョンとくれば、いやが上にも期待が高まってしまう。

1/3ページ

最終更新:10/12(土) 11:03
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事