ここから本文です

監督との関係崩壊で出場時間激減のエジル 6年間過ごしたアーセナルと決別

10/12(土) 7:50配信

SPORT.es

『Daily Mirror』によると、メスト・エジルはアーセナルの選手としてプレーする時間が残り少なくなってきているようだ。エジルとアーセナルの監督ウナイ・エメリの関係は崩壊している。

マンUとの契約満了近いポグバをユーヴェが再び獲得に動く?


エメリはすでに先日の記者会見で、「他の選手の方が試合に出るのに値するからエジルは出場しない」と述べている。


エジルは今シーズン、プレミアリーグのワトフォード戦(2-2)とリーグカップのノッティンガム・フォレスト戦(5-0)の2試合のみの出場となっている。それ以来、エジルが出場することはなく、最近のマンチェスター・ユナイテッドとボーンマスとのリーグ戦の2試合は招集すらされていない。


エジルはロンドンでの生活が大好きであることを繰り返し話しているが、彼は二度とガナーズのシャツを着ることはないと考え、別の目的地を探している。


メスト・エジルは2013年にレアル・マドリーからアーセナルに移籍し、アーセナルで233試合で43ゴールと74アシストを達成している。

SPORT

最終更新:10/12(土) 7:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事