ここから本文です

EXILE AKIRA、流暢な中国語あいさつで“台湾デビュー”! 高雄映画祭に出席

10/12(土) 6:02配信

TOKYO HEADLINE WEB

 短編映画プロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」の第3弾『その瞬間、僕は泣きたくなった』のワールドプレミア上映が11日(現地時間)、台湾第2の都市である高雄で開催されている高雄映画祭で行われた。そのオープニングセレモニーと舞台挨拶に、短編のひとつ「Beautiful」(三池崇史監督)に主演するEXILE AKIRAが登壇した。

 上映後に行われた舞台挨拶では「みなさん、こんにちはEXILE AKIRAです!今回、僕はシネマファイターズというショートフィルムプロジェクトの中の作品に出演させていただいてます。高雄映画祭に参加できてとてもうれしいです!」と流暢な中国語であいさつした。

 AKIRAは6月6日に台湾人女優でモデルのリン・チーリンとの結婚を発表してから、台湾では初めての表舞台。会場でAKIRAの名前が呼ばれると大きな拍手が送られた。

『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』は、「運命」と「奇跡」が生み出した出会いや、初恋を描く青春ラブストーリー、愛を知らないで育ったヤクザと、愛を乞うことで生き延びてきた娼婦の物語など、心に響くドラマで展開する。 AKIRAが主演する『Beautiful』は、自室で自ら人生を終えようとしていた主人公が、大きな地震に遭遇し、瓦礫の中で助けを求める女性の声を聞いて、無我夢中で助け出したことから展開するストーリーだ。

「CINEMA FIGHTERS project」は、EXILE HIRO、SSFF & ASIA 代表の別所哲也、作詞家小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクト。2017年にスタートした。

 最新プロジェクトには、三池に加え、行定勲、松永大司、洞内広樹、井上博貴が監督として参加。『Beautiful』のほか、行定監督の『海風』には小林直己(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、松永監督の『On The Way』には今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、洞内監督の『GHOSTING』には佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、井上監督の『魔女に焦がれて』には佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が出演している。Crystal Kayを含め、LISA、RYUJI IMAICHI、Leola、琉衣による 5つの楽曲を起用している。

 高雄映画祭は台湾南部で最も大きい映画祭。台湾国内およびアジアを中心とした世界118カ国から長編映画、短編映画などが集まる。過去には『恋の罪』(園子温監督)、『そして父になる』(是枝裕和監督)などの話題作の上映、日本映画の回顧展、監督特集が組まれるなど、日本映画とは近しい。別所哲也が代表を務めるショートショート フィルムフェスティバル & アジアとのコラボレーションで、互いの映画祭から推薦した作品をセレクト上映する交換上映プログラムを行っている。

『その瞬間、僕は泣きたくなった』の日本公開は11月8日。

最終更新:10/12(土) 6:02
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事