ここから本文です

今年のドラフトのカギを握る甲子園未出場組の実力派左腕4投手を一挙紹介【ドラフト】

10/12(土) 12:01配信

高校野球ドットコム

 今年のドラフト候補 高校生投手の中で、目玉投手を前回までは紹介してきたが、今回は、プロ入り後の活躍が楽しみな潜在能力の高い高校生投手たちを紹介したい。

【動画】これがドラフト候補の球筋!最速146キロ左腕・井上温大(前橋商)の快速球を真後ろから堪能!

甲子園未出場組の実力派左腕カルテットに注目だ!

 ドラフトで毎回、必要になるのが左腕投手の補強である。今年の高校生左腕は、及川 雅貴(横浜)、宮城 大弥(興南)がトップを走る。この2人に続く評価をされているのが以下の4人の左腕だ。

・井上 温大(前橋商)
・米山 魁乙(昌平)
・佐藤 一磨(横浜隼人)
・玉村 昇悟(丹生)

 この4人に共通するのは非甲子園出場組みということだ。そのため全国的な知名度はないが、実力は非常に高いものを持っている。

 まず井上 温大(前橋商)は群馬大会決勝に導いた好左腕。しなやかな腕の振りから繰り出す常時140キロ前半のストレートはキレがあり、さらにスライダー、カーブの精度も高い。また、夏の大会が終わって、新チームの打撃練習で打撃投手を務めた井上はさらに球速を伸ばし、自己最速の146キロをマークし、球威を着実に伸ばしている。

 米山 魁乙(昌平)はこの夏、最速144キロを記録した左腕。球速表示以上を感じさせる伸びのあるストレートを投げ込み、さらに120キロ後半のカットボール、120キロ前半のスライダーを織り交ぜるピッチングは実戦的だ。

 188センチの大型左腕・佐藤 一磨(横浜隼人)は春から夏にかけて急成長した大型左腕。春まで最速138キロだったのが、夏では7キロもスピードアップ。平均球速も140キロ台に達し、120キロ前半の縦横のスライダー、100キロ台のカーブを織り交ぜ、大型投手としては器用なピッチングができる投手で、フィールディング、牽制技術、クイック技術も高く、面白い投手だ。

 玉村 昇悟(丹生)は福井大会決勝まで導いた好左腕。玉村の良さといえば、140キロ前半の速球を内外角に投げ分ける制球力の高さ。決め球のチェンジアップも低めに集めることができて、ピッチングの完成度の高さは今年の左腕投手でもトップクラス。メンタルもだいぶ強くなり、なかなか崩れない好左腕へ成長した。

 果たして甲子園未出場組の左腕はどんな評価が下されるのか?

 次回は全国各地に隠れている実力派投手たちを一挙に紹介していきます。

最終更新:10/12(土) 12:03
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事