ここから本文です

満島ひかり、吉永小百合のウェディングドレス姿に感動「あまりにもおキレイすぎて」

10/12(土) 12:28配信

AbemaTIMES

 11日、丸の内ピカデリーにて映画『最高の人生の見つけ方』の初日舞台挨拶が行われ、主演の吉永小百合と共演の天海祐希、ムロツヨシ、満島ひかり、ももいろクローバーZ、前川清が登壇した。

  初日を迎えらえた気持ちを聞かれた吉永は「今日は初日に見に来てくださり本当にありがとうございます。考えてみましたら金曜日に公開する映画に出演するのは、今回が初めてです。もしこれが明日でしたら、台風でご挨拶も出来なかったと思うと、本当に私達ラッキーだと思います」と無事に初日を迎えられた喜びを語った。天海は「やっと公開の日を迎えられてとっても幸せです。皆さんと素敵な時間を過ごしていきたいと思います。」と挨拶。ムロツヨシは「こんばんわムロツヨシでございます。私にとっても思い入れのある作品になっております。皆さん見て頂いた後なんですよね?あ~どうもムロです(笑)」ともう一度挨拶し、ムロらしさ全開の挨拶で会場は笑いに包まれた。満島は「現場で吉永さんと天海さんの素敵な背中を見ながら役者人生においてとっても大切な時間を過ごせたなと思っております。座長が花開いていることの素晴らしさを現場でたくさん見させて頂きました。これから私も現場で花を咲かせられる役者になりたいな、と思っておりま」と挨拶。ももいろクローバーZは「私達、週末ヒロインももいろクローバーZ!」とお決まりの挨拶に加えて、百田は「今回私達も、ももいろクローバーZとして映画に出演させて頂いて、本当に貴重な体験をたくさんさせて頂きました。今会場を見渡すと人生の大先輩方がたくさんいらっしゃって、皆さんの学生時代とかに見ていたアイドルの方々とは違う形の変なアイドルを皆様は、ご覧になったと思うんですけど、素敵な映画に参加させて頂いてとても光栄です!」と映画に出演出来た喜びを語った。前川は「こういう立派な映画は私は初めてでございます。吉永さん初め、お声をかけて頂き、一生の思い出になる、最初で最後の映画ではないかと思います!」とにこやかにコメントした。

  MCから、日本を代表する二大女優・吉永と天海との共演について聞かれたムロは「私が台本上で1番楽しみにしていたシーンがありまして、それはスカイダイビングが終わり、元気のない私を吉永さんが介抱していただけるというシーンなのですが、台本では、膝枕をされる高田(ムロ)、と書いてありました。しかし、いざ本場となった時、膝枕をしていただく直前に、マ子社長(天海)に〈NO!膝枕!NO!〉と、完全にアドリブで止められてしまい、私は一切幸枝さん(吉永)に近寄れず、何回やっても止められて、それについて監督も一切何も言わないんです!それは映画の唯一のクレームです!(笑)」と熱い想いの丈を述べると、それに対して天海は「立場的に高田が甘えているのが許せなかったんだと思います。天海じゃないですよ!(笑)ものすごく懐くようにいかれたから、何を甘えているんだよ!ってね」と撮影の裏話を語り、会場は笑いに包まれ大いに盛り上がった。

 続いて、吉永と家族を演じた気持ちを聞かれた満島は「吉永さんのウェディングドレス姿があまりにもおキレイすぎて、天海さんと見ました?見ました?と撮影現場で盛り上がりました。また、そのシーンの撮影時、前川清さんが本当に緊張してらっしゃって。さらにそれを3日間くらい引きずっていて、とても可愛らしいお父さんだなと思いました」と共演者の仲の良さが伺えるエピソードを披露すると、前川は「結婚式のシーンでは、(元々は)実は吉永さんが10m~20m離れている設定だったんですよ。でも、本番では吉永さんが目の前だったんです。それで参ってしまったんです」と、照れながら撮影時の気持ちを語った。さらに、本作に出演した反響を聞かれたももいろクローバーZの百田は「会う方会う方にあれはどうやって撮影したの?って聞いて頂くことが多くて。あれは私達のライブの日にキャストの皆さんが来てくださって、本当のライブ中に撮影しました。出演させていただいたことが未だに信じられないですけど、まさかあんなに一緒に踊れるとは思わなくて…」と夢の共演について語ると、佐々木は「わざと間違えてNG出したいくらいだったよね!」、玉井は「お二人が完璧だったので私達がフリを間違えないか心配でした、何百回も歌ってきた曲なんですけど、それでも緊張しました!」と、仲睦まじいトークが繰り広げられた。

最終更新:10/12(土) 12:28
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事