ここから本文です

みんなの死亡保険金は2000万円以上。「保険貧乏」が長生きリスクを高めている…陥らないコツとは

10/12(土) 19:15配信

LIMO

「保険料が高くて支払いが大変だ」と思いつつ、見直しを後回しにしてはいませんか? 今、生命保険などの支払いに家計を圧迫される「保険貧乏」という言葉が注目されています。

この記事の表とグラフを見る

保険は進化のスピードが大変早く、コストパフォーマンスに優れた良い商品が次々に登場しています。「保険貧乏」にならないためにも、すぐにでも見直しを始めましょう。

日本人は保険好き!

「日本人の保険好き」は世界的にも有名ですが、実際にはよくわからないまま保険を選んでいる人も珍しくありません。

生命保険文化センターが全国の2人以上世帯3983世帯を対象に実施した『平成30年度 (2018年度)生命保険に関する全国実態調査<速報版>』によると、生命保険や個人年金保険について「十分に知識がある」と回答した人は30.5%にとどまり、66.6%は「知識がほとんどない」と回答しています。

一方で、88.7%の人が何らかの生命保険に加入している状況もうかがえます。1世帯あたりの平均加入件数は3.9件で、1世帯あたり年間払込保険料は平均38.2万円にも上ります。

あいまいな不安を抱える人が保険貧乏になりやすい!

保険はマイホームに次いで人生で2番目に高い買い物だといわれることがあります。というのも、例えば30~60歳までの30年間に毎年約40万円の保険料を支払い続けていると、1200万円になる計算になるからです。返戻金なしの終身保険が主流になっていることもあり、しっかり検討もしないままお金を払い続けている状態は考えものです。

まずは、保険の種類を理解し、不要な保険を見極めるところからはじめましょう。

 生命保険(死亡保険)

命のリスクに備えるのが生命保険(死亡保険)です。あなたに万が一のことがあったときに、経済的に困る人がいる場合には役立つ保険といえるでしょう。

ただ、住宅ローンを組んだ際に、団体信用生命保険に加入しているのであれば、返済中に万が一のことがあった場合はローンの返済が不要になりますし、公的には遺族年金などの制度もあります。残された家族が必ずしも「ただちに無収入になる」わけではないので、無理をして高額なものに加入する必要はありません。

 医療保険

病気やケガに備えるのが医療保険やがん保険です。「手術や入院で高額な医療費がかかる場合に備えたい」という人に高い人気を誇ります。

ただ、日本の場合高額療養費制度により、公的医療保険が適用される医療費については自己負担額の上限が定められており、社会保険に加入している会社員なら傷病手当金や労災保険といった保障制度が利用できる可能性もあります。

また、自治体の医療費助成対象になる年齢の子どもについては、入院しても実費はかからないので必要以上に備える必要はありません。

 養老保険

養老保険は貯蓄性も兼ね備えた死亡保険です。生きていても満期には死亡保険金と同額の満期保険金が受け取れます。過去には高い人気を誇った商品でしたが、利率が下がっている影響でメリットが薄くなっているともいえます。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ