ここから本文です

乃木坂46「アンダーライブ2019」全アンダー楽曲で披露 15歳の岩本蓮加が初センター

10/12(土) 0:00配信

クランクイン!

 乃木坂46のアンダーメンバーが11日、幕張メッセで今年初となる「アンダーライブ2019」を開催。セットリストはアンコールの「乃木坂の詩」以外、全てアンダー楽曲で構成され、アンダーライブでは初の試みとなった。メンバーたちは大いに観客を盛り上げ、8000人の観客を魅了した。

【写真特集】アンダーメンバー12名、全アンダー曲で披露 「アンダーライブ2019」フォト集


 今回のアンダーライブには岩本蓮加、伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、渡辺みり愛、和田まあやの計12名のメンバーが参加。10日、11日の2日間開催され、会場には各日8000人、2日間合わせて1万6000人の観客が来場した。各日4万の応募があり、当選倍率は5倍にもなった。

 公演前にメンバーが注意事項を知らせる通称“影ナレ”は、佐藤と吉田が担当。「幕張2日目ラストだぞー! 楽しみましょう!」と開演前から観客を盛り上げた。「Overture」が始まると観客の期待値はMAX。スポットが当たり全メンバーがダンスを披露し、今回の座長的存在を務める岩本が「幕張行くぞー!」とあおると観客からは大歓声が上がった。「狼に口笛を」ではメンバーの手の動きと共に観客のサイリウムが回り、「自惚れビーチ」「13日の金曜日」とアップテンポの曲の畳み掛けで、スタートから一気に会場のボルテージは上昇した。

 岩本は「皆さんにアンダーライブの魅力を伝えるために私たちも最後まで頑張るので、皆さんも盛り上がっていきましょう!」と観客を鼓舞。続く「嫉妬の権利」では客席のサイリウムが真っ赤に染まり、オープニングとは打って代わりクールなパフォーマンスを見せた。「別れ際、もっと好きになる」「不等号」「その女」の3曲は、セットの階段や照明を使った演出でメドレーを披露。渡辺は「メドレーとか、なかなかなくて。階段使ってかっこよく作りました」と胸を張った。

 ユニットコーナーでは中田と和田が「自由の彼方」を2人で歌唱し、伊藤、岩本、寺田、佐藤、阪口での「My rule」はオリジナルアレンジでパフォーマンス。ゆったりとしたAメロからアップテンポに変化した場面では、ファンから大きな歓声が上がった。吉田、山崎、中村が優しいオレンジの照明に包まれ「君が扇いでくれた」、鈴木、渡辺が「ブランコ」を披露。ライブ中盤の「君は僕と会わない方がよかったのかな」「初恋の人を今でも」「誰よりそばにいたい」では、観客を着席させ、バラードバージョンでしっとりと歌い、透き通った歌声で観客を魅了した。最終ブロックの「風船は生きている」では、会場が白のサイリウムで埋まり、曲中の合いの手では大歓声が巻き起こった。続く「アンダー」「日常」では、スクリーンに映し出された映像と、ステージ上のメンバーが繰り出す美しい演出で観客の目をくぎ付けにした。


 本編最後に岩本は「センターでやらせていただくことって、こんなに責任感のあるものなんだなって改めて実感して」と吐露。3期生で初のアンダーのセンターを務めたことに対しては、プレッシャーも感じていたという心境を明かした。また、岩本はメンバーやファンの温かい声に支えられたと感謝し「不安がいっぱいあったんですけど、本番が始まったらプレッシャーとか不安とか感じさせないくらいすごい熱いライブになって。それはよかったなと思っています」と胸をなで下ろした。

 また、岩本は「皆さんに一番伝えたいことがあって」と切り出し「ライブが終わったときに『かわいかった』で終わってほしくないな、っていうのが一番あって」と告白。パフォーマンスや、かっこいいという印象が強く残るように帰ってほしいという思いがあったことを明かした。そんな岩本の挨拶の後に披露された「~Do my best~じゃ意味はない」では力強いパフォーマンスで観客を盛り上げ、本編は大熱狂のまま幕を閉じた。

 冷めることのない熱気とともに「乃木坂46!」とアンコールの掛け声がしばらく続くと、ライブTシャツに着替えたメンバーが再び登場。アンコールで客席に近寄ったメンバーたちは、積極的に観客からのリクエストに応え笑顔を見せていた。「生まれたままで」を始めとしたコール&レスポンス曲で会場は一体に。最後のMCで渡辺は、岩本のセンターっぷりを「内心ちょっと心配で、ずっと隣で見てたんだけど。私がセンターのときなんかボロ泣きして始まったのに、蓮加は泣かずにやり通した」と絶賛した。

 さらに渡辺が「一生懸命やっているのを見て、私が泣いちゃいそうなくらい感動して。よく頑張りました」と岩本に伝えると、観客からは温かい拍手が起こった。アンコール最後の「乃木坂の詩」では会場が乃木坂46のイメージカラーの紫色で埋め尽くされ、メンバーとファンの大合唱となった。

 アンコールが終わり、ステージを去ってからも鳴り止まない観客のコールに、再びメンバーが登場。台風19号の接近のため楽曲は披露できないと話しつつ、最後は全員で手をつなぎ生声で「ありがとうございました!」とファンに感謝を伝えた。最後の最後までメンバーは「ありがとうございました」「気をつけて帰ってね」と繰り返し、岩本は「みんな大好き!」と叫び、会場を後にした。

乃木坂46「アンダーライブ2019」セットリストは以下の通り。

M1「狼に口笛を」
M2「自惚れビーチ」
M3「13日の金曜日」
M4「滑走路」
M5「シークレットグラフィティー」
M6「嫉妬の権利」
M7「三角の空き地」
M8「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」
M9-a「別れ際、もっと好きになる」
M9-b「不等号」
M9-c「その女」
M10「自由の彼方」
M11「My rule」
M12「君が扇いでくれた」
M13「ブランコ」
M14「君は僕と会わない方がよかったのかな」
M15「初恋の人を今でも」
M16「誰よりそばにいたい」
M17「新しい世界」
M18「ここにいる理由」
M19「風船は生きている」
M20「アンダー」
M21「日常」
M22「~Do my best~じゃ意味はない」
E1-a「生まれたままで」
E1-b「左胸の勇気」
E1-c「涙がまだ悲しみだった頃」
E1-d「春のメロディー」
E1-e「扇風機」
E2「乃木坂の詩」

最終更新:10/12(土) 0:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事