ここから本文です

サッリ到着で出番減…エムレ・ジャンが不満吐露

10/12(土) 9:30配信

超WORLDサッカー!

ユベントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(25)がクラブに対する不満を示唆した。イギリス『Sports Mole』が報じた。

エムレ・ジャンは2018年夏にユベントス入りすると、マッシミリアーノ・アッレグリ前監督の下で公式戦37試合4得点1アシストをマークしたが、マウリツィオ・サッリ監督が到着した今シーズンは状況が様変わり。チャンピオンズリーグ(CL)で登録メンバーに含まれず、ここまでセリエA3試合の途中出場にとどまっている。

そうした状況のなか、今月の代表ウィークでヨアヒム・レーブ監督からドイツ代表の招集を受けたジャン。イギリス『ミラー』に対して、ユベントスでの現状に不満を吐露した。

「昨シーズンはたくさんのゲームで使ってもらった。特に、ユベントスにとって重要なゲームでね。今シーズンはそうじゃない」

「でも、クラブに戻ったら、再びチャンスを得られると思う。ヨアヒム・レーブに感謝しかない。クラブであまりプレーできていない僕を呼んでくれたのだからね」

「しかも、プレーチャンスもくれた。だから、再びプレーできてシンプルにハッピーだったよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/12(土) 9:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事