ここから本文です

イングランド主将ケイン、チェコ戦敗北は「ちょっとしたモーニングコール」

10/12(土) 13:00配信

超WORLDサッカー!

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが11日に敵地で行われたユーロ2020予選のチェコ代表戦後、コメントした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

無傷の4連勝で本大会出場に王手をかけるイングランドは開始5分に獲得したPKのチャンスからケインが先制ゴール。だが、3ポイント差で2位のチェコに先制から数分後に追いつかれると、85分に勝ち越しも許して、逆転負けを喫した。

欧州を舞台にした予選で実に44試合ぶりの土をつけられ、足踏みのイングランド。主将を務めるケインは試合後、『ITV』でこう話した。

「早い段階で先制するアウェイゲームで完璧なスタートだった。でも、それ以降はボールを失い、いつものように素早い仕掛けができなかったよ。僕らは戦えていなかった」

イングランドは14日に行われる次戦、ブルガリア代表とのアウェイゲームとなる。ケインはそのブルガリア戦に向けても次のように述べた。

「言い訳はしない。前にもこういったゲームでプレーしたことがあるからね。今夜よりもうまくやっていかないといけない。ちょっとしたモーニングコールさ」

「僕らはまだまだ良いポジションにいる。パニックになる必要はない」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/12(土) 15:31
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事