ここから本文です

「モウリーニョ解任は早過ぎた」、フェライニが堪え性がない古巣ユナイテッドを批判!

10/12(土) 22:30配信

超WORLDサッカー!

中国スーパーリーグの山東魯能に所属する元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが古巣マンチェスター・ユナイテッドのクラブマネジメントを痛烈に批判した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

サー・アレックス・ファーガソン氏の長期政権終了後の2013年夏にデイビッド・モイーズ氏と共にエバートンからユナイテッドに加入したフェライニ。今年1月に中国へ旅立つまで5年間在籍し、その間に前述のモイーズ氏、ルイス・ファン・ハール氏、ジョゼ・モウリーニョ氏、オーレ・グンナー・スールシャール現監督と4人の指導者の下でプレーしてきた。

その過渡期を誰よりも知るプレーヤーの1人でもある、元ベルギー代表MFは今季開幕から大不振に陥っている古巣に関して言及。2016年夏から2018年末までチームを率いたモウリーニョ前監督時代を引き合いに出し、堪え性がない古巣のクラブマネジメントを痛烈に批判した。

「ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョという世界最高峰の監督のひとりを迎え入れた。彼はチームの構築を図っていたが、その矢先にクラブは彼を解任した。あの状況でチームを再構築するのは簡単なことではないし、2年以上が必要だったと思う」

「クラブがスールシャール監督と共にどんなプランを描いているかはわからないけど、個人的には多くのモノを勝ち取り、成長していくにはある程度の時間が必要だと考えている」

「モウリーニョは就任初年度に素晴らしい仕事を見せたし、チームを改善させてタイトルももたらした。次のシーズンはちょっと厳しかったけど、チームを助けるために全力を尽くしていた。その中で彼らは彼を解任した」

「個人的にモウリーニョの解任は早過ぎたと思う。通常、監督というのは自分の哲学を反映していくため、それに適した多くの選手を必要とするものなんだ」

「彼はチームを構築したいと考えていたけど、クラブは2年後、あるいは2年半後にそのときに結果が出ていないからという理由で彼を解任することを決めた」

「同様にモイーズを連れてきたときも、彼に十分な時間を与えなかった。その後にファン・ハールを連れてきたが、その際には2年の猶予を与えた。僕たちは当時、彼の下で幾つかの新しい試みを行い、カップ戦のタイトルを獲得できた。だけど、クラブは再びより早くタイトルを獲得するために彼を切った。ファン・ハールは戦術面に強く多くの経験を持っていたけど、それでも解任された」

「チームを本当に作り上げようと考えるなら、毎回2年ごとに監督を代えるのではなく、時間が必要なんだ。このクラブは4、5試合うまくいかないとすぐに解任を考えている」

ファーガソン氏の退任以降、クラブの経済的な成長に反してピッチ内での低迷が続くユナイテッド。一部で補強面など指揮官へのバックアップ不足も指摘されており、今後の名門復活に向けてはクラブマネジメントに関するドラスティックな改革が必要なのかもしれない。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/12(土) 22:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事