ここから本文です

上位目指す京都&長崎が痛恨の敗戦…小池純輝の初ハットで東京Vが今季最多5発の圧勝!《J2》

10/12(土) 20:22配信

超WORLDサッカー!

明治安田生命J2リーグ第36節の3試合が12日に各地で行われた。

下関市営下関陸上競技場で行われたレノファ山口FC(14位/勝ち点40)vs京都サンガF.C.(5位/勝ち点59)は、ホームの山口が1-0で勝利した。

自動昇格圏内の2位大宮アルディージャと勝ち点4差の京都は、その差を埋めるために2試合ぶりの白星を目指して山口とのアウェイゲームに臨んだ。立ち上がりはボールの主導権争いが続いたが、時間の経過と共に京都がボールを保持する展開に。だが、“持たされている”印象が目立つ京都は山口のハードワークに苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。

一方、課題の守備を意識した入りを見せながらも三幸を起点に高井、宮代が積極的に相手の背後を狙う山口は、高井の切れ味鋭い仕掛けから幾度も相手ゴール付近に迫るが、得意のカットインを警戒されたこともあり、こちらも先制点を奪うまでには至らなかった。

ゴールレスで迎えた後半も引き続き山口が試合のペースを握る。より勝ち点3がほしいアウェイチームが強引な攻めを見せる中、カウンターでよりフィニッシュの場面を作り出す。

すると、79分には高井に代えて投入した田中パウロ淳一が一瞬の隙を突いてゴールを陥れる。山口の自陣でのリスタートから三幸がクイックリスタートで絶妙なタッチダウンパスを相手最終ラインに送ると、これに快足を飛ばして反応した田中がペナルティアーク付近でのボールコントロールから強烈な左足のハーフボレーシュートをゴール左隅に突き刺した。

厳しいビハインドを負った京都は宮吉らを投入しここから反撃を試みるが、古巣対戦の庄司がボックス内で迎えた決定機を相手DF菊地の好ブロックで阻止されるなど、最後までゴールが遠かった。この結果、山口に敗れた京都は2戦未勝利でJ1参入プレーオフ圏外転落の可能性が出てきている。

トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎(10位/勝ち点53)vsジェフユナイテッド千葉(17位/勝ち点36)は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。

プレーオフ進出に向けて勝ち点逸が許されない長崎だが、ゴールレスで試合を折り返す。すると、後半の69分には千葉のカウンターから途中出場の堀米に押し込まれて痛恨の先制点を奪われる。さらに、反撃に打って出た中、81分には堀米の右CKからクレーベに2点目を決まられてしまい、万事休す。ホームで敗れた長崎は上位陣との勝ち点差を縮めることができなかった。

また、FC琉球(15位/勝ち点40)vs東京ヴェルディ(13位/勝ち点45)の中位対決は、アウェイの東京Vが5-1で圧勝した。

3連敗中と元気がない東京Vだったが、この日は攻撃陣が躍動する。25分に小池のゴールで先手を奪うと、41分と44分にはいずれもクレビーニョのお膳立てから小池、森田がGKとの一対一を制す。3点リードで臨んだ後半は立ち上がりに上門のスーパーミドルで1点を返されるが、58分にロングカウンターから森田がこの試合2点目を奪うと、69分には流れるようなダイレクトプレーから小池が豪快なボレーシュートを叩き込み、Jリーグでは自身初となるハットトリックを達成。そして、今季最多5ゴールを奪った東京Vが連敗を「3」でストップすると共に5試合ぶりの白星を手にした。

◆明治安田生命J2リーグ第36節
▽10/12(土)
レノファ山口FC 1-0 京都サンガF.C.
V・ファーレン長崎 0-2 ジェフユナイテッド千葉
FC琉球 1-5 東京ヴェルディ

▽10/13(日)
《14:00》
大宮アルディージャ vs アビスパ福岡
徳島ヴォルティス vs ファジアーノ岡山
《15:00》
FC町田ゼルビア vs 鹿児島ユナイテッドFC
愛媛FC vs アルビレックス新潟
《16:00》
ヴァンフォーレ甲府 vs 栃木SC

▽10/14(月)
《14:00》
柏レイソル vs 水戸ホーリーホック
モンテディオ山形 vs FC岐阜

▽10/15(火)
《19:00》
横浜FC vs ツエーゲン金沢

超WORLDサッカー!

最終更新:10/12(土) 20:22
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ