ここから本文です

【MLB 優勝決定S】8回2死までノーノーのナ軍サンチェスを米メディア称賛 「実はビッグ4だった」

10/12(土) 15:44配信

Full-Count

シャーザー、ストラスバーグ、コービンの「3本柱」だけではなかった

■ナショナルズ 2-0 カージナルス(優勝決定シリーズ・日本時間12日・セントルイス)

【画像】「準備はできてるわ」これがオーダーメードの“マイコラスジャケット”、応援グッズを着込んだ写真を公開した美人妻のローレン夫人の実際の投稿

 ナショナルズは11日(日本時間12日)、敵地でのカージナルスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に2-0で勝った。先発のアニバル・サンチェス投手が8回2死まで無安打の快投を演じ、敵地での勝利をもたらした。

 サンチェスは8回2死まで1四球、2死球を与えたのみの無安打投球。ノーヒットノーランの期待が高まったが、代打ホセ・マルティネスに中前打を許したところでマウンドを降りた。103球を投げて7回2/3を1安打5奪三振1四球2死球で無失点の快投。2番手ドゥーリトルも無安打で締め、2人で1安打完封リレーとなった。

 AP通信は「ワシントンのビック3は実はビック4であった。アニバル・サンチェスを忘れてはいけない」と伝えた。ナショナルズには今季11勝のシャーザー、18勝のストラスバーグ、14勝のコービンの「3本柱」が君臨するが、35歳のサンチェスも11勝をマークしている。

 MLB公式サイトによると、デーブ・マルティネス監督は「「みんな、ストラスバーグ、シャーザー、コービンのことばかり言うけど、アニバル(サンチェス)も、我々がここまで来た大きな理由だ」と称賛した。

 ワシントンDCのラジオ局「106.7 The Fan」はツイッターで、サンチェスのコメントを伝えた。「ノーノーのことは考えていなかった。ただ、チームが勝って、シリーズでリードしたかった」。ベネズエラ出身の右腕もナショナルズ躍進を支える一人だ。

Full-Count編集部=AP

最終更新:10/12(土) 15:45
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事