ここから本文です

女子ゴルフ 河本結(松山出身)米挑戦へ

10/12(土) 9:55配信

愛媛新聞ONLINE

 女子ゴルフの日本ツアーに今季本格参戦し、3月に初勝利を挙げた河本結(21)=松山市出身=が、10月下旬から行われる米ツアーの最終予選会に挑戦することが11日までに分かった。来季からの米ツアー参戦を目指しながら、東京五輪の出場権獲得へ世界ランキングを上げる狙いがある。
 現在、河本は世界ランキング58位で、日本勢では6番手。米ツアーの場合、世界ランキング75位以内の選手は最終予選からの出場が認められる。
 東京五輪代表は1カ国から原則2人までで、世界ランキングを基にした五輪ランキングが15位以内なら最大4人まで出場が認められる。来年6月末に出場枠や選手が確定する見通し。
 世界ランキングには米ツアー今季1勝を挙げた畑岡奈紗が3位、AIG全英女子オープンを制した渋野日向子が11位に入っている。河本は「せめて五輪候補には入っていたいし、出場に向けた準備は続けたい。そのためには少しでも世界ランキングを上げておかないといけないし、(将来の目標に掲げる)米ツアー参戦への挑戦にもつながる」と話している。
 河本は18日以降のツアー3戦を欠場。日米両ツアーを兼ねる11月8日開幕のTOTOジャパンクラシック(滋賀県瀬田GC)から日本ツアーに復帰し、松山市柳谷町のエリエールGC松山で同21日から行われる大王製紙エリエール・レディースにも出場する予定。

愛媛新聞社

最終更新:10/12(土) 9:55
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事