ここから本文です

橋本環奈、片寄涼太の印象変わった!『0キス』舞台裏明かす

10/13(日) 12:02配信

シネマトゥデイ

 橋本環奈が、映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)で共演する片寄涼太について、「すごく印象が変わりました」と明かした。

片寄涼太×橋本環奈、マスク越しキスも!『午前0時、キスしに来てよ』予告映像

 みきもと凜の同名人気コミックを原作とした本作は、真面目な女子高生・花澤日奈々が、人気アイドルグループの元メンバーで国民的人気スター・綾瀬楓と惹かれ合うさまを描く。おとぎ話に登場する王子さまのような男性との恋愛を夢見る日奈々役を橋本、女性の憧れの的である楓役を GENERATIONS from EXILE TRIBE のボーカルとして活躍する片寄が務める。

 楓役の片寄とともにW主演を務める橋本は、初共演となった片寄の印象について「わたしはもっとクールな方なのかなと思っていたので、関西弁で突っ込んでくれたり、率先して現場を盛り上げてくださる姿を見て、すごく印象が変わりました」とギャップに驚いたと語る。「物静かかなと思いきや、いっぱいしゃべってくれる。打ち解けるのも確かに早かった」と撮影も和やかな様子で進んでいたことを明かした。

 劇中、楓は俳優として努力を怠らない人物だが、片寄も本作では撮影に入る前から何度も新城毅彦監督と脚本の読み合わせを重ねた。そこで掴んだヒントを胸に撮影に臨み、片寄自身も「結果的に自分がGENERATIONSの片寄涼太として活動している時間とも重なるような気分の瞬間もあったりして、それが不思議でした」というほど、楓とシンクロする瞬間もあったという。

 さらに、片寄の現状に甘んじることなく努力し続ける姿勢、さらなる高みを目指そうとする向上心の高さは、製作陣が考える楓の姿と片寄の姿が重なったとのこと。そんな片寄、本作のポスタービジュアルの広告を『午前0時、キスしに来てよ』のタイトルにちなみ「時計の広告にするのはどうか?」というアイデアを出して、スタッフを驚かせたというエピソードもあり、本編への期待が高まるばかりだ。(編集部・梅山富美子)

最終更新:10/13(日) 12:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事