ここから本文です

<速報>渋野日向子は4バーディ 首位と2打差でホールアウト「きょうの内容ならもうハーフ回りたかった」

10/13(日) 14:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<スタンレーレディス 最終日◇13日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6572ヤード・パー72>

きょうの女子ツアーは無観客試合 シブコの組もこの通り…ギャラリーはゼロ!【大会ライブフォト】

台風19号の影響により2日間27ホールの短縮競技となっている「スタンレーレディス」。最終日は変則9ホールで、全組が10番からスタート。超短期決戦となっているこの日、首位と6打差からスタートした渋野日向子はボギーんしの4バーディを奪い、トータル5アンダーでホールアウトした。

出だしをチップインバーディとした渋野。猛チャージに期待が集まるなか、14番でバーディを奪取すると16番でもバーディ。ところが17番ではティショットをラフに入れ、セカンドをショートさせると、3打目もグリーンオンならず。カラーから6メートルを沈めてパーセーブと粘りを見せた。

最終18番はティショットを振り切りフェアウェイをキープ。セカンドもフェアウェイに置き、3打目を3メートルに寄せてバーディフィニッシュ。「きょうの内容ならもうハーフ回りたかった。初日もうちょっと頑張りたかったと、心残りです」。ホールアウト時点で首位と2打差の3位タイとした。

その首位には黄アルム(韓国)。篠原まりあがトータル6アンダーの2位となっている。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/13(日) 22:25
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事