ここから本文です

「やれたかも委員会」吉田貴司がゲッサンに再び、“熱狂”描く読み切り

10/13(日) 17:05配信

コミックナタリー

「やれたかも委員会」の吉田貴司による読み切り「スーパーボール~熱狂が終わるとき、幸せの鐘が鳴り響く~」が、発売中のゲッサン11月号(小学館)に掲載された。

「スーパーボール~熱狂が終わるとき、幸せの鐘が鳴り響く~」はとある町内会の夏祭り、スーパーボールすくいの店番を務める主人公を通して“熱狂”を描く物語。同誌に二度目の登場となる吉田の作品に注目しよう。

また今号には中道裕大「放課後さいころ倶楽部」のアニメ放送スタートを記念し、原作者の中道と武笠美姫役の宮下早紀、高屋敷綾役の高野麻里佳、大野翠役の富田美憂による座談会が収録。さらにカメントツ「カメントツの漫画ならず道」は番外編として、森見登美彦へインタビューする様子が描かれた。11月6日に発売される「ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集」の文庫版では、カメントツがカバーを描き下ろしている。

最終更新:10/13(日) 17:05
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ