ここから本文です

巨人原監督「ベンチもびっくり」決勝点は丸のセーフティースクイズ 日本S進出に導く

10/13(日) 18:47配信

デイリースポーツ

 「セCSファイナルS・第4戦、巨人4-1阪神」(13日、東京ドーム)

 巨人が逆転勝ち。アドバンテージ1勝を含めて4勝1敗で阪神を破り、6年ぶり日本シリーズ進出を決めた。

【写真】悔しすぎる…阪神の先発・西はマウンドで目をぬぐう

 底力を見せつけた。1点を追う五回。岡本が西のスライダーをすくい上げ、バックスクリーンへ飛び込む同点ソロ。今シリーズ3本目のアーチでチームに流れを引き寄せた。

 小技も絡めた。1-1の六回、2死三塁。その初球だった。丸がまさかのセーフティースクイズ。三塁前に絶妙に転がした打球を西が慌てて一塁へ送球したが、ボールは二塁方向にそれ、丸が一塁を駆け抜けた。意表を突く攻撃で、決勝点を奪った。

 原監督は丸のセーフティースクイズについて「まあ、サインではありませんが、丸自身が状況のなか、フォアザチーム、チームが勝つという事を一番に掲げ、4月からやってきた。勝つ確率の一番いい野球を本人が選んでくれたのは、ベンチもビックリしました。全員が勝とうと、集約されていたと思います」と、満面の笑みで振り返った。

 また、今シリーズ3本塁打でMVPに輝いた岡本についても、指揮官は称賛。「間違いなくMVP。少し大人になったなと思います」と褒めたたえた。

 日本シリーズではソフトバンクと対戦する。指揮官は「まだ全く頭のなかは真っ白。目標はあとひとやま、それは日本シリーズで勝つ事。全力でこれだけのジャイアンツファンがいますから、勇気をいただいて頑張りたい」と前を向いた。

最終更新:10/13(日) 19:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事