ここから本文です

【巨人】CS突破で胴上げ! 3本塁打でMVP岡本を絶賛「非常に頼もしく、少し大人になったな」

10/13(日) 18:44配信

スポーツ報知

◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第4戦 巨人4―1阪神(13日・東京ドーム)

【写真】岡本がMVP!! 3本塁打7打点、5割3分3厘

 5年ぶりにセ・リーグチャンピオンに輝いた巨人が、2013年以来6年ぶりの日本シリーズ(S)進出を決めた。CSの第1SでDeNAを破って勝ち上がった阪神を4勝1敗(1勝のアドバンテージ含む)で破り、CS最終Sを突破した。

 1点を追う5回に岡本が2試合連続でシリーズ3号となるソロをセンターバックスクリーンに運び同点に追いつくと、6回には2死三塁から丸が、相手の意表をつくセーフティーバントを成功させて勝ち越し。7回にはゲレーロが2ランを放ってリードを広げた。

 投げては先発・高橋が2回に糸原に左犠飛を許して先取点を献上したが、6回途中1失点と好投。大竹、田口、中川、デラロサと無失点でつないで締めくくった。試合後、胴上げで宙を舞った原監督は3本塁打でステージMVPに輝いた岡本を「間違いなくこのシリーズのMVPだと思います。非常に頼もしく、少し大人になったと感じました」と絶賛。丸のセーフティーバントについてはサインではないことを明かして「ベンチもびっくりしました」と話しながら「全員が勝とうという気持ちが集約されたと思う」とたたえていた。

最終更新:10/13(日) 19:57
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事