ここから本文です

丸山城志郎、名物すき焼き「いつか自分が食べさせると」世界選手権優勝祝賀会

10/13(日) 22:34配信

デイリースポーツ

 柔道の世界選手権(8月、東京)で優勝した男子73キロ級の大野将平(27)=旭化成=と、66キロ級の丸山城志郎(26)=ミキハウス=の優勝祝賀会が13日、奈良県天理市で2人の母校である天理大柔道部などを包括する「天理柔道会」の主催で行われた。

【写真】大野将平の親友は…大野より体が倍近くデカい

 過去の五輪や世界選手権でも恒例になっているのが、天理名物の「すき焼き」。盛大な祝勝会は選手のモチベーションにもなっており、今回は約700人の出席者に300キロの肉が振る舞われた。

 これまでの大野らの祝勝会では後輩として「隅で食べていた」と言う丸山だが、世界選手権初優勝の今回は、大野と並んで初の主役。「いつか自分の祝勝会で肉を食べさせてやると思っていた。同じステージに立ててうれしい」と、万感の表情で語った。

 世界選手権では、ライバルの阿部一二三(日体大)を直接対決で倒し、東京五輪の代表争いで一歩リードした。大会中に痛めた右膝は「靱帯(じんたい)だったので1カ月くらい」と稽古は休養した上で、現在は「わりといい。(乱取りも)ボチボチやっています」と復調しているようすだ。

 来月のグランドスラム大阪大会(11月22~24日、丸善インテックアリーナ大阪)で優勝すれば、五輪代表に内定する可能性がある。現在3連勝中の阿部との対決に注目が集まる中「早く代表を決めたい」と気合十分で語っていた。

最終更新:10/13(日) 22:43
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい