ここから本文です

2019年秋のauは大豊作。折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」など9モデルを発表

10/13(日) 7:01配信

&GP

au(KDDI)は10月10日、2019年秋から2020年春までに発売するスマートフォンを発表しました。日本ではauの独占販売となる、折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」を始め、21:9のディスプレイを搭載する「Xperia 5」や、コスパに優れた「AQUOS sense3」など、充実したラインナップです。

【各モデルの詳細画像はこちら】

発表会は開催せず、Webサイトでの発表でしたが、「Galaxy Fold」については、サムスンが同日に開催したイベントで、いち早く触れることができました。そのファーストインプレッションも含めて、最新9モデルを一挙紹介します。

最注目はディスプレイを折り畳める「Galaxy Fold」

折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」(サムスン電子製)は、開くと約7.3インチの大画面を使えて、閉じても約4.6インチのタッチスクリーンが利用でき、コンパクトなスマホとして使えるのが特徴。

大画面は3つに分割して、異なるアプリを同時に起動したり、異なるウェブページを開いたりできることが利点。従来のスマホでも画面を2分割するマルチウィンドウは使えますが、大画面のGalaxy Foldでは、そのマルチウィンドウを積極的に活用できそうな印象。動画を見ながらTwitterを更新したり、地図を見ながらWebページを閲覧したりと、使い方が広がりそうです。

超広角(約1600万画素)+広角(約1200万画素)+望遠(約1200万画素)のトリプルカメラを搭載し、さらに開いた状態でセルフィーが撮れるデュアルカメラと、閉じた状態でセルフィーが撮れるシングルカメラの、計6台のカメラを搭載しています。

CPUはSnapdragon 855(最大2.8GHz)で、メモリはRAMが12GBで、ROMが512GB。ハードウェアのスペックはトップクラスで、4380mAhの大容量バッテリーも搭載。パフォーマンスの面での満足度も高そうです。ただし、お値段も高めです。

1/3ページ

最終更新:10/13(日) 7:01
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事