ここから本文です

市原隼人さんが“給食マニア”に!?学園グルメドラマ「おいしい給食」の撮影現場に潜入!

10/13(日) 20:01配信

クックパッドニュース

1980年代を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男と、同じく給食好きの生徒・神野ゴウが「どちらが給食をおいしく食べるか」で闘う学園グルメコメディ「おいしい給食」。甘利田幸男役を演じるのは、俳優の市原隼人さんです。今回、クックパッドニュース編集部が制作現場に潜入! 撮影真っ最中の市原さんに、食にまつわるエピソードや、ドラマの見どころについて伺ってきました。

ドラマ撮影現場にお邪魔しました!

今回お邪魔したのは第7話・焼きそばがメインメニューの給食を、市原さんと生徒たちが食べるシーン。おいしそうな給食が机にズラッと並ぶ様子は、なんだか懐かしい気持ちになります。

一番驚いたのは、市原さんが給食を食べ進めていくスピードと勢い!山盛りあった給食をあっという間に完食。満足げな市原さんの表情に、こちらまでお腹が空いてきます。

田口監督によると、「給食の魅せ方にはこだわっています。実際に80年代にあった給食をベースにしていますが、現代のフードスタイリストさんによって見た目もよりおいしそうに仕上げています。市原さんが食べているところもアドリブを長めに取ったりして、リアルな「ハフハフ感」を重視しています。中学生相手にムキになる甘利田が市原さんにはまり役で、僕自身とても楽しんで撮影しています。おもしろすぎて、編集が大変なくらいです(笑)」とのこと。

昔懐かしい給食を思い返しながら、甘利田の給食マニアぶりにクスっと楽しめる本作品。給食好きな方、コメディドラマが好きな方は必見です!

市原隼人さんにインタビュー!「おいしい給食」の見どころ

■甘利田幸男は、給食が好きという一心で教師になった男

――ドラマの撮影おつかれさまです! まずは「おいしい給食」の主人公である甘利田幸男のキャラクターについて教えてもらえますか?

主人公である甘利田幸男は数学の教師ですが、生徒に会うことや勉強を教えることよりも、給食を食べることを大事にしています。ただ食べるだけではなく、細かいことにこだわります。食材がどんなルーツをたどってきたのか、食べる意味は何かまで考えて食事をしている。とてもユニークなキャラクターなんです。

一方で、給食が好きという一心で教師になったような人だからこそ、ぽろっと本音や核心をつくような言葉を吐けます。演じていて、とても気持ちがいいです。

1/3ページ

最終更新:10/13(日) 20:01
クックパッドニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事