ここから本文です

台風19号 一夜明け、静岡県内の被害が明らかに

10/13(日) 12:12配信

静岡朝日テレビ

過去最強クラスの台風19号は昨夜、伊豆半島に上陸しました。一夜明け、各地の被害が明らかになってきました。
沼津市の狩野川流域では、大規模な冠水被害が起きています。

石田和外アナウンサー
「畑と新しい住宅が立ち並ぶエリアで浸水被害がみられます。周辺の道路はまったく確認できません」

台風19号の直撃から一夜、県内各地で冠水や土砂崩れなどの被害が見えてきました。

沼津市の大平地区では、狩野川の支流の水があふれ、一帯が浸かっています。台風19号は昨夜7時前、大型で強い勢力で伊豆半島に上陸しました。
気象庁は静岡県など13都県に大雨特別警報を発表、静岡県への発表は今回が初めてです。

伊豆市湯ヶ島では、24時間雨量が717ミリに達し、観測史上最大を記録しました。

台風によってけが人も出ています。
御殿場市では男性2人が用水路に流されました。ひとりは救助されて軽傷、ひとりが今も行方不明になっています。
けが人はあわせて4人にのぼっています。

JR東海によりますと、東海道新幹線は始発から運転を再開し、東海道線は11時頃までに、熱海、浜松駅間で運転を再開しました。一方、東名高速では一部の区間で、現在も通行止めが続いています。

最終更新:10/13(日) 12:12
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事