ここから本文です

彼女に教えてあげたい【月に関する10のトリビア】

10/13(日) 7:01配信

LEON.JP

【4】 月の温度はどのくらい? 表と裏で温度は違うの?

地球の表面を囲う大気には実にさまざまな役割があるということは皆さんご存知の通り。熱の平準化もそのひとつですが、大気の存在しない月では、昼夜、影と日なたの寒暖の差が激しく、赤道部分では昼(日なた)は110℃、夜(影)は-170℃にもなるそうです。

表と裏というのは地球からの観点ですが、これは太陽から見ることとは無関係ですから(太陽から見た表は昼で裏は夜)、“地球から見た”表と裏の温度差はないでしょう。ちなみに月の自転周期は 27.3日なので、昼と夜はそれぞれ約 14日間続くことになります。アポロの月着陸時にもこの温度差に気を配って早朝の時間が選ばれたそう。早朝は温度が低いというところは地球と同じぐらいなのだそうです。

【5】 月で水が見つかったって知ってた?

この8月に「月の北極や南極に水の氷が見つかった」というニュースが発表されました。実はこれまでに何度も「見つかった」と言われてきているので、目新しさはあまりありませんが、今までよりも“確実性が高い”という話ではあります。

この観測では、月の表面の深さ数ミリメートル以内のところに水の氷が存在するとしているので、将来の月探査や月滞在時にも利用できる水源になるかもしれませんね。そして特筆すべき点は、この観測を行ったのが2008年にインド宇宙研究機関が打ち上げた月探査衛星「チャンドラヤーン1号(Chandrayaan-1)」だということです。つまりインドでも月探査機を打ち上げているんですね。これはあまり知られていないことではないでしょうか。

【6】 月の地下には巨大な空洞があるって本当?

1年前になりますが、日本の研究チームが月の地下に巨大な空洞があることを発見しています。2009年に日本の月探査機「かぐや」が撮影した画像データから、月の表側にあるマリウス丘に通常のクレーターとは異なる縦孔が発見され、地下空洞が開いたものだろうという仮説が立てられました。

さらに、NASAの月探査機「ルナー・リコナサンス・オービター」のカメラによる観測で縦孔の底に数十m以上の空間が広がっていることが確認されています。地下は、微隕石の衝突や強い放射線といった月面の厳しい環境から機器や人を守り、温度が比較的安定しているなどの利点から、将来の月面基地建設地の候補としても注目されています。

2/4ページ

最終更新:10/13(日) 7:01
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事