ここから本文です

山本KIDや堀口恭司を倒した”元UFC絶対王者”デメトリアス・ジョンソンがWGP制覇!次戦はエイドリアン・マティスとの世界タイトル戦を予定

10/13(日) 17:31配信

バトル・ニュース

 13日、両国国技館にて『ONE: CENTURY 世紀』が開催。セミファイナルではデメトリアス・ジョンソン(以下DJ)vsダニー・キンガッドによるフライ級ワールドグランプリ決勝が行われた。

 DJは一回戦で若松佑弥、準決勝で和田竜光を倒し決勝へ。決勝ではダニーをグラウンドでコントロールし、的確にパウンドを落としていき終始圧倒する形で判定勝利。
 
 試合を終えたDJは「今回入念に準備をしていて、家族とも過ごしたしいい時間を過ごしてきた。グルーヴは結構あったと思う。彼の前2戦を研究して、(負けた相手は)グラウンドでレスリングができていないなと思った。だからリバースしていたが、自分はをそれは許すまいと思っていた。キムラロックに入ったとき、彼が逃げたのでビックリした。捕まえたと思ったら、魚がスルッと逃げるような感じだったが、最終的に勝てて良かった。アジアで戦うのは3回目でグルーヴもつかんできている。1年に3回戦うのが多くてバーンアウトした。若い頃からMMAを見ていて、今回ONEという大きなイベントで勝てて喜ばしい。少し休みを挟んで、来年2月か3月に戦いたい」とコメント。

 これを聞いたチャトリCEOはDJの次戦に関して、来年3月にエイドリアン・マティスとの世界タイトル戦を予定しているとのことだ。

最終更新:10/13(日) 17:31
バトル・ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ