ここから本文です

タコの唐揚げでビールがすすむ!万能食材「タコ」を使った美味しいアレンジレシピ

10/13(日) 22:50配信

kufura

噛むほどに旨味を感じる、弾力ある歯ごたえが特長のタコ。和洋中ジャンルを問わず、さまざまな料理に使われる万能食材ですが、皆さんはどんなアレンジを楽しんでいるのでしょうか。『kufura』では女性461人に「タコが美味しいと思う料理」のアンケート調査を実施しました。

ダントツ人気は、やっぱりタコ焼き!

「タコ焼き」(28歳/公務員)

「フライパンで作るタコ焼き」(60歳/主婦)

「家庭で作る明石焼きパーティー」(62歳/主婦)

「お好み焼き」(33歳/主婦)

「タコを細かく切って、チヂミの具材として入れます!」(65歳/総務・人事・事務)

「タコ焼きそば」(38歳/その他)

「タコ玉」(50歳/主婦)

アンケートに回答いただいた461人中、「タコ焼き」と答えた人は103人とダントツの支持を得ました。タコ焼きを囲んで、みんなでワイワイ楽しむパーティー、通称“タコパ”は根強い人気です。「明石焼き」は、兵庫県明石市の郷土料理。生地に卵を使ってふわふわに仕立て、ソースではなく出汁でいただきます。定番のタコ焼きとは違った美味しさが味わえますよ。

カラッとジューシーな揚げ物も大人気

「タコのから揚げ。ビールがすすみます」(42歳/その他)

「醤油、ニンニク、生姜、酒、みりんで味付けしたタコに、片栗粉をつけて揚げるタコの唐揚げ」(39歳/営業・販売)

「タコの素揚げ」(20歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「タコの磯辺揚げ」(38歳/その他)

「タコの揚げワンタン」(62歳/その他)

「天ぷらがいちばん好き」(49歳/主婦)

タコの唐揚げはタコ焼きに次ぐ人気で、461人中85人がおすすめしてくれました。カラッとジューシーな食感がたまりませんよね。ビールのお供にぴったりです。タコは高たんぱく質にもかかわらず低カロリーなので、揚げ物にしてもカロリーが抑えられるのがうれしいですね。

新鮮なタコは生で食べたい!刺身やカルパッチョに

「カルパッチョ」(46歳/デザイン関係)

「塩とレモンで生タコのカルパッチョ」(28歳/営業・販売)

「寿司酢をかけてカルッパッチョにする」(40歳/主婦)

「水タコなら、そのまま刺身で」(35歳/総務・人事・事務)

「タコ刺しの梅肉漬け」(46歳/主婦)

「タコの寿司」(27歳/学生・フリーター)

「タコのマリネ」(43歳/研究・開発)

「タコとネギのマリネ」(49歳/営業・販売)

「タコとセロリを、少し甘めに仕立てたフレンチドレッシングで和える」(49歳/総務・人事・事務)

新鮮なタコは「生で食すのがいちばん!」という声も多く寄せられました。塩、レモン、わさび、梅肉など、アクセントになる薬味をプラスすることで、素材の味が一層引き立ちます。

1/4ページ

最終更新:10/13(日) 22:50
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事