ここから本文です

栃木・茨城の大雨特別警報解除 各地で河川が氾濫 引き続き警戒を

10/13(日) 2:49配信

ウェザーマップ

 気象庁は13日午前2時20分、栃木県と茨城県の大雨特別警報を解除した。特別警報が発表されているのは長野県、新潟県、福島県、宮城県、岩手県の5県となっている。

 特別警報が解除された地域も、これまでの雨で地盤の緩んでいるところや、河川の水位が上昇しているところなどがあるため、13日にかけては引き続き土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また台風による吹き返しの風がまだ強いため、沿岸では高波や高潮にも注意が必要となる。

 台風19号はこの後、福島県沖に抜ける見込みだが、本州には依然として台風による活発な雨雲がかかっていて、宮城県、岩手県、青森県では非常に激しい雨の降っているところがある。13日昼頃にかけては記録的な大雨となるおそれもあるため、厳重な警戒が必要だ。

最終更新:10/13(日) 3:07
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事